ヒロミのYouTubeチャンネルはなぜ人気? 動画で発揮される“遊びの達人&天性の兄貴分”としての魅力

 タレントのヒロミが、憧れの車「ポルシェ カイエン クーペ」を納車。その模様を1月10日、自身の公式チャンネル「Hiromi factory チャンネル」にて公開した。

【ポルシェ納車】ポルシェカイエンクーペがやってきた!まま初ポルシェドライビング!

 「【ポルシェ納車】ポルシェカイエンクーペがやってきた!まま初ポルシェドライビング!」と題して投稿された動画でヒロミは、これまで電気自動車SUVとして知られるテスラの「モデルX」に乗っていたものの、車体が大きく、また出先で充電ステーションが見つからないのではと心配することが多々あったため、このほど、ポルシェカイエンクーペに乗り換えたと明かした。

 同車はヒロミが乗る予定はほとんどなく「ママ用の車」とのこと。ヒロミによると、「ママは昔から『ポルシェに乗りたい』と言っていた」らしい。妻・松本伊代の希望を汲んでサラッと超高級車を購入してしまうあたり、ヒロミの愛妻家ぶりがうかがえる。動画では実際に松本も登場。妻が運転する車の助手席に座り近所をドライブデートする姿に、コメント欄では「素敵なご夫婦」「この2人和む」など称賛の声が多数寄せられた。


 チャンネル「Hiromi factory」は2019年12月27日より始動しているが、初回動画でヒロミは「数えてみたら、陸・海・空、合わせて30以上の趣味がある。色んな遊びを皆さんに見せていきたい」と意気込みを語っていた。

 車ももちろん、ヒロミの数ある趣味の一つ。レーシングドライバーとして活動する傍ら、プライベートでは「日産 スカイライン 2000RS」「シボレー コルベット」「フェラーリ 348TS」「ポルシェ 911(993型)」「ジープ ラングラー アンリミテッド」など、これまで20台以上の車を乗り継いでいる。同チャンネルでも、ダイハツのハイゼットトラックやハイエースをカスタムしたり、1967~8年頃に生産された「フォルクスワーゲン・タイプ3 ファーストバック」で友人のYOUとドライブしたりしていた。

 また、乗用車だけでなく、単車への熱量もすごい。「動くシリーズ」と題して、「KAWASAKI 900 Super4」通称「Z1」や「ホンダ・ドリーム CB750 FOUR」「ハーレーダビッドソン FXSTSB バッドボーイ」を運転する姿を動画で見せており、いったい何台自動車・バイクを所有しているのか底知れない。他にも、DIY、料理、ゴルフ、カヤック、ボート、射撃など様々な趣味にチャレンジしている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる