『オオカミちゃん』『M 愛すべき人がいて』『鬼滅』『渡部会見』など……ABEMA総決算人気番組ランキング発表!

『オオカミちゃん』『M 愛すべき人がいて』『鬼滅』『渡部会見』など……ABEMA総決算人気番組ランキング発表!

 テレビ&ビデオエンターテインメント『ABEMA(アベマ)』は、2020年1月1日から11月 30日までに放送された番組の視聴データをもとに、人気番組ランキングを発表した。

 さらに、視聴者がTwitter 上に投稿した番組に関するつぶやきや、ドラマ、アニメ、バラエ ティのジャンル別人気番組ランキングも併せて発表し、一挙に紹介する。 

※本ランキングは2020年1月1日から11月 30日までに配信された全番組を対象に算出。

「ABEMA」 2020 年の総合視聴数ランキング  

20-30 代女性からの圧倒的支持で『月とオオカミちゃんには騙されない』が総合1位を獲得

 新型コロナウイルスの感染拡大によって人類史に残る未曾有の事態となった 2020 年は、エンターテインメントの存在意義が改めて問い直されると共に、その“ともしび”が暗い世の中を静かに照らし続けた1年でもあった。外出自粛要請などによって多くの人が室内で時間を過ごした2020年の上半期において、『ABEMA』では視聴者数も平時に比べて、平均で120~130%程増え、最高で190%増となるなど、このような状況下でも多くの人にエンターテインメントを届けていた。 

 そんな2020年に最も多くの視聴を得た作品として、栄えある1位にランクインしたのは、全シリーズ累計視聴数が2億を突破する大人気オリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズ7作目となる『月とオオカミちゃんには騙されない』。シリーズ史上最多の11名の男女が登場した本作は、女性メンバーが6名に増えたことで、女性メンバー内に最低1人以上いる、好きでもないのに好きなフリをする“嘘つきオオカミちゃん”の予想が過去最高難易度となり、シリーズ史上最も予測がつかない男女の駆け引きに多くの視聴者が熱狂した。複雑に交錯する恋模様が迎えた衝撃の結末は、“演技では描けない”ドラマチックな展開との呼び声が高く、世代を問わず多くの人の胸を震わせた。特にこれまで若年層の視聴者が多かった『オオカミ』シリーズだが、本作は20代〜30代の女性からも圧倒的な支持を得て、堂々の首位獲得となった。 

 また、『オオカミ』シリーズにおいては、6作目の『オオカミちゃんには騙されない』が、一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(以下、ATP)が主催する『第36回ATP賞テレビグランプリ』の「情報・バラエティ部門」で最優秀賞を受賞するなど、飛躍の1年となった。 

恋愛リアリティーショーはティーン世代への人気も健在、OBOG からの“幸せ報告ラッシュ”も 

 一方で、恋愛リアリティーショーはティーン世代への人気も健在で、日本の女子中高生の3人に1人以上が視聴する『今日、好きになりました。』(以下、『今日好き』)シリーズの“青い春編”が2位にランクイン。(※1)“運命の恋と青春の修学旅行“をテーマに、多感な現役高校生たちによる2泊3日の限られた時間の中で本気の“恋”と“青春”を追った本作が多くの共感と胸キュンを呼んだ。さらに、本シリーズの“ハワイ編”に参加しカップルとして結ばれた、しゅんまや(前田俊、重川茉弥)が今年結婚を発表し、長女を出産。また、『今日好き』と同様に女子中高生から熱狂的人気を博す『恋する♥週末ホームステイ』のシーズン3 でカップルとなった、なのかじ(青木菜花、梶田冬磨)が入籍を発表するなど、OBOG たちからの幸せな報告が相次いだ年でもあった。 

(※1)2018年1月~3月に『オオカミくんには騙されない❤』、『今日、好きになりました。』、『恋する♥週末ホームステイ』いずれかの番組を視聴した重複を含まない15歳~19歳の女性視聴者数を対象とし、2018年3月総務省発表の日本の15歳~19歳女性人口(2,910,000人)の割合から算出。

“社会現象”起こした『M 愛すべき人がいて』、人気アニメ『鬼滅の刃』や、ATP賞受賞のオリジナルドラマもランクイン 

 続く3位と4位には、テレビ朝日と『ABEMA』初の共同制作ドラマで、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでを描き大ヒットした小松成美の同名小説(幻冬舎)が原作の『M 愛すべき人がいて』と、吾峠呼世晴の同名漫画を原作としたアニメ作品で全世代から幅広い支持を集めている『鬼滅の刃』がそれぞれランクイン。SNS上での盛り上がりが凄まじく、春ドラマ満足度ランキングで、「話題性」第1位(オリコン・モニターリサーチ調べ)を獲得した『M 愛すべき人がいて』と、劇場版が絶賛公開中の『鬼滅の刃』、大きな話題を呼んだ2作品が肩を並べる結果となった。 

 そのほか、『第36回ATP賞テレビグランプリ』の「ドラマ部門」で奨励賞を受賞したオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』が9位に。8位には2020年10月5日に開幕して以降、熱戦が繰り広げられているプロ麻雀リーグ「Mリーグ 2020シーズン」、10位には将棋界初のドラフト会議を経て、チーム戦で激突したオリジナル対局番組の『第3回AbemaTVトーナメント』が入るなど、バラエティに富んだラインナップとなった。 

https://special-lineup.abema.tv/pages/4386906/01_ranking01) 

『ABEMA』2020年SNSトレンドランキング 

 『ABEMA』では、Twitterアカウントと連携させてコメントを投稿することで、視聴者が番組放送中にリアルタイムで様々な感情を発信することができ、SNSを通してそのメッセージが広く共有・共感している。ここでは、2020年にTwitter上のトレンドに最も多くの番組関連ハッシュタグがランクインした番組と、その中でも最も多くのユーザ ー会話量を記録したハッシュタグの内容を発表していく。 

 1位に輝いたのは、総勢12名の人気声優がMCを務める、業界初の声優レギュラー番組『声優と夜あそび』。その中でも、関智一、森久保祥太郎、浪川大輔、安元洋貴、下野紘ら“40 代BIG5”と称される豪華声優陣が大集結した2020 年5月2日の放送回で設定された、ハッシュタグ「#BIG5と夜あそび」がユーザーの会話を促進。この放送回では、番組史上初となる30万コメントを達成するなど大盛り上がりを見せた。 

 続く2位には、ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、日本中の高校生たちを応援する青春バラエティ番組『GENERATIONS高校 TV』が入り、メンバーからの“着信メッセージ”が届く特別企 画と連動したハッシュタグ「#GENEから電話きた」が SNS上で多くの話題を呼んだ。さらに、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』のキャスト18人によるライブイベントを生中継した特番『ヒプノシスマイク- Division Rap Battle- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》』が3位に。配信当日はTwitterの世界トレンドランキングでハッシュタグ「#アベマでヒプマイライブ」がトレンド1位を獲得するなど、ライブ開催を待ち望んでいた視聴者から多くの反響が寄せられた。 

https://special-lineup.abema.tv/pages/4386912/01_ranking03

「ABEMA」2020年ジャンル別人気ランキング 

 「ABEMA」では、バラエティから恋愛リアリティーショー、ニュース、ドラマ、スポーツ、アニメまで、多彩なコンテンツを揃えた約20のチャンネルにて、24時間編成で様々な番組を無料で配信している。ここからは、ジャンル別の人気番組ランキングを発表していく。 

三者三様の輝きを放った名作ドラマが揃い踏み 

 とりわけ人気が高いのがドラマ部門。総合ランキングでもそれぞれ3位と9位にランクインした、『M 愛すべき人がいて』と『僕だけが17歳の世界で』が1位と2位に並んだ。続いて3位にランクインしたのは、永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨がトリプル主演を務めた、17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動く心の機微をリアルに描き出したオリジナルドラマ『17.3 about a sex』。「性についての価値観をアップ デートさせたい」という制作陣の想いのもとに届けられた本作は、「学校の性教育の教材にしたい」とその内容の深さや繊細さが大きな反響を呼んだ。

アニメ部門では、『鬼滅の刃』が貫録の1位 

 続いて、最新且つ話題のアニメから国民的アニメ、声優生放送レギュラー番組まで、幅広い作品を配信中で、アニメ配信サービスにおいて国内トップクラスの人気を誇る「ABEMA アニメチャンネル」の作品に絞った 2020 年人気番組ランキングを発表。 

 首位を獲得したのは、総合ランキングでも4位にランクインした吾峠呼世晴原作の『鬼滅 の刃』。どの世代の心にもまっすぐに響く人間ドラマや、人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターなどが人気を呼び、全世代から幅広い支持を集めている本作品は、多くの人が視聴したコンテンツだ。 

 さらに、赤坂アカの同名漫画を原作としたアニメ作品で、TVアニメ第3期の製作も決定した『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』が2位に。3位には、長月達平による小説を原作とした人気アニメ作品『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』がランクインし、アニメ界で特に人気と注目度の高い作品が出揃うラインナップとなった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる