家の窓から溢れ出すスライム……海外YouTuberの“いたずら”が大規模すぎる

 現在23歳の「ミスター・ビースト」は、現在アメリカでもっとも視聴されているYouTuberの1人。登録者数はなんと4740万人。特定の物を大量購入したり、身1つで24時間水中や砂漠で過ごしたりと大掛かりかつ、体を張った「ザ・王道YouTuber」動画が特長。

 今回は数ある動画の中でも友達や家族の家を使った企画を紹介する。まずは「友達の家に1000万個のレゴを置く」。タイトルの通り、ミスター・ビーストの友達ジェイクの家をレゴだらけにする動画だ。



 突然1000万個のレゴを持って訪れるミスター・ビースト。そして、大量のレゴを置くので家を留守にするよう告げられ、困惑する家主のジェイク。


 その結果、家の中はレゴの海。大変なことになってしまった。

 ミスター・ビーストは他にも家をめちゃくちゃにする動画を制作している。続いては実の兄CJの家をスライムだらけにする動画。実はCJも「ミスター・ブロ」名義でYouTuberとして活躍している。




  CJの家を大量のスライムで満たしていくミスター・ビーストと仲間たち。クライマックスは家中の窓からスライムが吹き出す衝撃の光景だ。

 しかし、CJの家はその後大丈夫なのだろうか? レゴくらいなら片付けられるが、スライムとなると、また住める状態に戻すのに相当時間がかかりそうだ。


 だが、心配はいらない。この動画のタイトルは「兄の家をスライムで満たす&新しい家を買う」。なんとミスター・ビーストは、撮影で激しく破損した場合は新しい家を贈っているのだ。




 別動画「友達の家を破壊する、そして新しい家を買うでも」家具を燃やしたり壊したり、スプレーで落書きをしたりと友達の家をめちゃくちゃにした後、友達に新しい家を、その子供にたくさんのおもちゃをプレゼントしている。

 破壊的な想像力に溢れた動画を制作するミスター・ビーストだが、事情を理解するのが難しい子供の部屋は荒らさないなどといった配慮も感じられる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる