Twitterを元に調査した『SNS流行語大賞2020』発表 ツイステ、鬼滅の刃、アマビエなどがランクイン

Twitterを元に調査した『SNS流行語大賞2020』発表 ツイステ、鬼滅の刃、アマビエなどがランクイン

 イー・ガーディアン株式会社が、Twitter上で2020年頻繁に使用されたフレーズを調査し、『SNS流行語大賞2020』(2020年1月1日から2020年11月11日まで)を発表した。また、流行語をさらに深堀りして「モノ」 「ゲーム」「アニメ・漫画」「食べ物」などにカテゴリ分けした部門ごとのランキングも併せて発表された。

 日々のソーシャルリスニングで蓄積したデータをベースに、その年に最も多く投稿された(バズった)ワードを決める『SNS流行語大賞』第1位は、「StayHome/おうち時間」、第2位は「アベノマスク」、第3位は 「アマビエ」となった。

 1位となった「StayHome / おうち時間」は、国内だけでも2,400万件超を記録し、「StayHome」「おうち時間」で分割しても、1千万件を超える投稿数で1位となった。3位には、コロナ禍における「疫病退散」のマスコット的存在として、Twitterをきっかけに人気が急上昇した「アマビエ」がランクイン。

・モノ部門 モノ部門では「マスク」が約1億件の話題量を記録し圧倒的な1位に。2019年と比較すると、「マスク」を含む投稿は約9千万件増となった。「イソジン」や「次亜塩素酸」といったコロナ対策商品も話題となるなど、感染症対策グッズが上位にランクインする結果となった。

・ゲーム部門
 ゲーム部門ではNintendo Switchの「あつまれどうぶつの森」を抑えて、特に女性に人気のアプリゲーム「ツイステッドワンダーランド」が一位に。キャンペーンやゲーム内イベントへの反響で、公式Twitterアカウントの投稿が軒並み数万件のRTを獲得して一位となった。

・アニメ・漫画部門
 今年のアニメ漫画部門は、「鬼滅の刃 無限列車編」が1位に。今回、調査キーワードを「無限列車」に限定したため、「鬼滅の刃」をキーワードとした投稿はこれ以上であることが予想される。

・食べ物
 食べ物部門は「ポテトサラダ」が突出。ポテトサラダを手作りすることの大変さが大きな話題となった。3位にランクインした「蘇」は、給食に使われる予定だった牛乳が大量に余ったことで、その消費案としてSNS上でブームとなった奈良・平安時代の乳製品のこと。多くのアレンジレシピが発信され、インフルエンサーによる「作ってみた」投稿なども注目を集めた。

SNS 流行語大賞 11 位以下はこちらから

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる