1位は5億円以上……世界で最も稼ぐTikTokerランキング発表 日本のTikTokerとの比較も

1位は5億円以上……世界で最も稼ぐTikTokerランキング発表 日本のTikTokerとの比較も

 8月6日、米メディア『Forbes』が「最も稼ぐTikToker(ティックトッカー)」ランキングを発表した。トランプ大統領の大統領令によって、米国内で利用禁止の危機に揺れるTikTokだが、若者からは絶大な支持を受けており、数多くのスターを排出している。本記事では、『Forbes』のランキングに加え、日本のTikTokerのランキングも合わせて見て行こう。

・1位 Addison Rae Easterling(アディソン・レイ・イースターリング):500万ドル(約5億4000万円)

 1位に輝いたのは、5500万を超えるフォロワーを擁するアディソン・レイ・イースターリング。キレのあるダンスとキュートなルックスに加え、気取らない性格が魅力的な19歳だ。記事によれば、彼女の昨年の収入は、アメリカン・イーグルやSpotifyとのスポンサー契約のほか、自身のコスメブランド「Item Beauty」などの利益を合わせると500万ドルにも上るという。

 また、他のTikTok仲間と、コンテンツクリエーター集団「Hype House(ハイプ・ハウス)」を結成するなど、TikTokの繁栄に大きく貢献している。アディソンは、「TikTokは、私をこの場所へと導いてくれた」と語っており、2位のチャーリー・ダメリオと100万ドルの差をつけて堂々の1位となった。

・2位 Charli D’Amelio(チャーリー・ダメリオ):400万ドル(約4億3000万円)

 2位は、アディソン超えの7800万人のフォロワーを誇るチャーリー・ダメリオ。彼女は、昨年6月に初めてダンス動画を投稿してから、たった1年でトップTikTokerへと駆け上がった。大人びて見えるが、まだ16歳になったばかりという若さに驚く人も多いのではないだろうか。

 今年2月に行われたミラノファッションウィークでは、PRADAからショーに招待されており、TikTokerとしては異例の大抜擢となった。チャーリーは「Hype House」の一員でもあり、TikTokerを語る上で欠かせない存在だ。

・3位 Dixie D’Amelio(ディクシー・ダメリオ):290万ドル(約3億1000万円)

 3位のディクシー・ダメリオは、2位のチャーリー・ダメリオの姉で、姉妹そろってランク入りを果たした。彼女も、ホリスターやモーフィーと契約を結んでおり、モデルとしても活躍している。

 また、ディクシーは音楽活動も精力的に行っており、今年6月にはファーストシングル「Be Happy」をリリース。この楽曲は、同日に発売されたカニエ・ウェストとトラヴィス・スコットのコラボ楽曲を抑え、YouTubeの急上昇動画1位に輝きその人気を世間に知らしめた。

 4位は、“リアルバービー”と称される絶世の美女、Loren Gray(ローレン・グレー:260万ドル/約2億8000万円)、5位には、やんちゃ系TikTokerのJosh Richards(ジョシュ・リチャーズ:150万ドル/約1億6000万円)と続く。6位タイには、子どもたちと踊るコミカルなダンスが人気のMichael Le(マイケル・レ:120万ドル/約1億3000万円)と、ずば抜けたボイスパーカッションの才能をもつSpencer X (スペンサーX:120万ドル/約1億3000万円)がランクインした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる