Z世代にとって『Apple Music TV』は“新鮮”か、それとも“退屈”か

Z世代にとって『Apple Music TV』は“新鮮”か、それとも“退屈”か

 10月19日、Appleが新しいコンテンツ『Apple Music TV』を立ち上げた。『Apple Music TV』は、厳選されたMV特集のほか、独占のビデオプレミア視聴、ライブ番組、ファンイベント、カウントダウンチャート、ゲスト出演などの音楽コンテンツが24時間ライブ配信され、無料で視聴できるサービスだ。

 このサービス専用のアプリはなく、現在は『Apple Music』と『Apple TV』の「Browse」タブの新機能として提供されている。今のところ米国のみでサービスを提供しており、国外にサービスを拡張するかどうかについては言及していないが、米国在住のApple製品ユーザーであれば『Apple Music』の有料ユーザーでなくても視聴可能だ。

 Tech Crunchのレポートによると、「検閲はかかっていなくて広告もないが、かなり簡素」な作りだという。まず、アーティストと楽曲のクレジットは動画の最初に提示されるだけで、楽曲を「いいね」したり、プレイリストに追加したりなどの『Apple Music』有料ユーザー向けのオプションなども無い。また、アプリを閉じると再生が停止してしまい、バックグラウンド再生はできないとのことで、やはりまだ初期の実験段階であることがうかがえる。

 では、『Apple Music TV』の特権や特徴とは何なのか。これについてレポートでは、「何年分にもわたる独占インタビューやコンサート映像などの音楽関連のオリジナルコンテンツ」を配信できることや、「ファンにリーチする新たなプラットフォームとしてプレミア配信をアーティストと交渉できる」こと。また「新譜のプロモーションに備えて次のリリースまでの間に配信時間を提供する」などを例に挙げており、カムバックなどに沿ったプロモーションのプラットフォームとして、一役買うのではないかと考察されている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる