『ロックマンX DiVE』に内在する楽しさと、スマホゲームならではの課題

『ロックマンX DiVE』に内在する楽しさと、スマホゲームならではの課題

 10月26日、『ロックマン』シリーズの最新スマホタイトル『ロックマンX DiVE』日本版が正式サービス開始となった。

 アジア圏では、今年3月より先行して提供されていた同タイトル。ようやくの国内版リリースに、日本のシリーズファンからは喜びの声が上がっている。

 本稿では、『ロックマンX DiVE』のプレイを通じて感じた楽しさの源泉と、スマホタイトルならではの課題に迫っていく。

『ロックマンX』シリーズに登場したキャラたちが躍動

『ロックマンX DiVE』プロモーション映像 【好評配信中】

 『ロックマンX DiVE』は、『ロックマンX』の世界を舞台にしたシリーズ初のスマートフォン向けタイトルだ。開発・運営元であるカプコン台湾によって、3月24日にアジア版がリリースされ、この度ようやく国内でもサービス開始となった。ゲーム中には、シリーズの歴史を彩ったキャラクターたちが数多く登場し、そのすべてをプレイアブルとして扱える。シングルプレイ専用のコンテンツに加え、PvPや協力プレイなど、幅広いモードを実装。家庭用プラットフォーム向けのシリーズ作品とはまた違った楽しみ方ができる、意欲的な2DアクションRPGタイトルとなっている。

気持ちよく遊べる設計と、魅力的な対人・協力プレイの存在

 『ロックマンX DiVE』の楽しさを語る上で外せない要素となるのが、「爽快感・達成感を得やすいデザイン」と「マルチプレイ」の存在だ。同タイトルは、シリーズの持つアクションの面白さに新しい成分を取り入れることで、オリジナルの楽しさをプレイヤーに提案している。

 たとえばデザインの部分では、ダメージを数値化し、視覚的にキャラの性能がわかる設計を採用した。これによりプレイヤーは、能力面でのレベルアップを把握しやすくなったほか、インフレしていく数値に爽快感・達成感を得られるようになっている。気持ちのいいプレイ体験は、ゲームの楽しさに直結する大切な要素である。爽快感・達成感をもたらすこのシステム設計が、『ロックマンX DiVE』独自の楽しさへとつながっているはずだ。

 また、マルチプレイにおいては、近年トレンドのPvPのみならず、協力によるPvEも実装した。この両コンテンツの存在が、同タイトルの楽しさの根幹だと言えるだろう。特に完全同期の協力プレイについては、スマホ向けアクションタイトルへの実装自体珍しい。同モードは、『ロックマンX DiVE』のオリジナリティとなっていくのではないだろうか。もちろんPvPにおける楽しさは言わずもがなである。「ロックマン×対人・協力プレイ」が示す可能性はあまりにも大きい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる