YouTuberヒカル、手越祐也に“友達”だからこその忌憚ないアドバイス 「事務所を辞めてやりたかったことってどれ?」

 金持ちYouTuberのヒカルが9月23日、自身の公式チャンネルで「【ご報告】ようやく手越くんと友達になれました」と題した動画を公開した。

【ご報告】ようやく手越くんと友達になれました

 今回の動画の冒頭でヒカルは「とある芸能人の家に来ています。勝手にカメラ回しています。今ね、その芸能人はトイレに行っているんですよ。このノリでYouTubeにまわしてもなんとかなっちゃうんじゃないかな思ってね。やっぱスーパースターはノリがいいんでね」「マジでちょっとワクワクするな。ほんまにこれはYouTubeっぽい」と説明。すると画面に元NEWSの手越祐也が「おい、待て。何、カメラ何まわしてんだよ(笑)」とフェードインしてきた。

 これに一切動じない様子のヒカルが「別によくない? 友達だからよくない?」とコメントすると、手越は「まぁいいけど、でも友達云々じゃなくてさ、普通、ヨーイドンで撮影をスタートするでしょう?」と訴える。続けてヒカルが「いやいや、YouTubeはそんなんじゃないから」「これ、出してもいい? この動画YouTubeに出してもいい?」と強引に話を持っていくと、手越は「全然いいよ! いや、逆にダメな理由ないでしょう」と快諾。ヒカルは「さすが、スーパースター手越くん。器がデカイ」と絶賛した。

 その後もヒカルが「これから先、もう俺のタイミングで勝手に(カメラを)まわしてもいい? 例えばマネージャーの人と連絡取り合って、手越くんが寝とう時とかに勝手に、忍び込んでカメラをまわしてドッキリ仕掛けるとかも、全然ありってこと? 楽しませればいい?」と質問すると、手越は「俺もやっぱテレビをやってきた人間だけど、こっち系の思いつきと勢いでいっちゃえのノリが好きだから」「楽しければなんでもいいよ」と快諾。それから「ただ家の中で爆破とかだけはやめてね」と懇願していた。

【初コラボ】友達のヒカルにチャンネルコンサルしてもらいました

 一方の手越チャンネルにもヒカルが登場した。手越は友人でYouTubeの先輩であるヒカルに「俺のチャンネルがより良くなるようコンサルして欲しい」とお願いした。ヒカルは「根本的な問題として何のためにYouTubeをやってんの? というのが分かりにくいというのがあるかも。ジャニーズを辞めて脱毛サロン始めたり、音楽募集したり、暴露本出したり。結局その度に手越くんのファンからすれば『辞めてやりたかったことってどれ?』と思う。それが1番もったいない」と指摘した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる