“時給日本一YouTuber”ラファエル、1億円の腕時計を壊される 浮世離れしたドッキリ企画続く

 “時給日本一のYouTuber”を自称するラファエルが9月13日、自身の公式チャンネルに「社長の1億の時計壊してしまったので「箱の中身なんだろな」の中身に入れてみた【ドッキリ】【ラファエル】」と題した動画を公開した。

社長の1億の時計壊してしまったので「箱の中身なんだろな」の中身に入れてみた【ドッキリ】【ラファエル】

 9月2日公開の動画でラファエルは、ゲスト出演した女性タレント・伊藤愛真に「動画の取れ高のために、『ここで爪跡を残す』ぐらいの勢いで体を張ってほしい」と注文。その指示を受けた伊藤は、突然、撮影先にあったプールへダイブ。その結果、腕にはめていたラファエルの1億円する腕時計を水没させてしまった。

 今回の動画でラファエルのマネージャー・イーサンは、工具セットを広げて腕時計の修理に挑戦。むろんイーサンは、時計職人の素養があるわけではなく、ズブの素人だ。時計を分解するだけ分解して再起動させることはおろか、元通りに組み立て直すことすらおぼつかない。

 そこでイーサンは、「『箱の中身はなんだろうな』の中に入れてみようかなと。ラファさんに当ててもらって、『正解!』って言って盛り上げて終わろうかなと思って。それで喜んでもらったらええやん」と言い、その算段通りに、ラファエルが箱の中に入れたものを手探りで当てる定番ゲーム「箱の中身はなんだろうな」をする流れを作り出した。

 そんなこととはつゆ知らず、箱に手を入れて感触を確かめるラファエル。「何これ?ホンマにわからんわ。降参」とギブアップを宣言して中身を確認すると、「え、何やってんの。これ」とお約束のリアクション。無残に解体された腕時計を見て「マジで壊してるやん!」と激怒した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる