“時給日本一YouTuber”ラファエル、聞き間違えで4000万円のフェラーリを買われる 豪快なドッキリ企画続く

 時給日本一のYouTuberを自称するラファエルが8月27日、自身の公式チャンネルに「『スーパーカップ買ってきて』と言ったらスーパーカー買ってきた【ドッキリ、ラファエル】」と題した動画を公開した。

「スーパーカップ買ってきて」と言ったらスーパーカー買ってきた【ドッキリ、ラファエル】

 羽振りの良さを前面に押し出すスタイルのYouTuber・ラファエルは、ドッキリ企画の金遣いも豪快。特にここ最近は、自身がドッキリのターゲットとなり、ラファエルの発言をうっかり聞き間違えた(聞き間違えたふりをした)マネージャー・イーサンによる、会社の経費を使い込まれるドッキリを数多く展開している。6月22日公開の動画「『おめーが買ってこいよ!』と言われたのでOMEGA買ってみた【ラファエル】」や、8月8日公開の動画「『アルフォート買っといて』を聞き間違えて、アルファード買っちゃいました【ドッキリ、ラファエル】」などがその代表例だ。

 今回の動画でラファエルは、雑談中にポロっと「スーパーカップ買ってきて」とお願い。ラファエルが私用で席を外すと、イーサンはその場に同席していたラファエルチャンネルの準レギュラー・お笑い芸人のはぎちゃんを「カメラ回して」とせっつき、「ちょっとまたおつかいを頼まれましてね。『“スーパーカー”を買って来い』と言ってた」と切り出した。

 イーサンは首尾よく、日ごろから懇意にしているカーディーラーへ電話。スーパーカーの品ぞろえを確認して「フェラーリ」があると知ると、「すぐに買いに行きます。今日そのまま持ち帰りたいです」と即断即決した。イーサンが購入したのは、スーパーカップのバニラ味を彷彿とさせる純白のフェラーリ。早速ネタバラシをするべく、ラファエルを車の前までおびき出して、「スーパーカーのバニラ」と紹介すると、ラファエルは膝から崩れ落ちた。


インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる