2020年、VRゲームの歴史が変わったーー『Half-Life:Alyx』などのヒットなどから分析

2020年、VRゲームの歴史が変わったーー『Half-Life:Alyx』などのヒットなどから分析

 新型コロナ禍での巣ごもり需要に加え、安価にある程度のクオリティのVR体験ができる「Oculus Quest」などの普及も手伝って、いよいよ身近な存在になりつつあるVRゲーム。まだまだ従来のゲームに比べると規模こそ小さいものの、2019年には100万ドル以上の売り上げを突破するタイトルが100本を超えるなど、様々な人気作品が生まれつつある。

 VRゲームの最大の特徴は、自分の体の動きがそのままプレイに反映されること。たとえば、銃の照準を合わせる動作やグレネード(手榴弾)を投げる方向&飛距離などは、自分の手の微妙なさじ加減で決まることが多いため、画面内に登場するキャラクターをコントローラーで操作するのではなく、自分の体の動きがそのままゲームに紐づくような体験になる。

 そして、もうひとつの特徴は、ぐるっと360°見渡せるVRならではの、ゲームの世界に入り込むような体験ができること。こうした没入感を演出する技術は日々進化していて、近年は映像表現のクオリティ以上の工夫が加わりつつある。その代表例として、2019年末発売の『BONEWORKS』では、VRゲームの世界に「重さ」の概念を導入。物体それぞれに軽いものは軽く、重いものは重く感じられる工夫がなされ、圧倒的なリアリティが加わった。

 2020年は遂に「VRゲームの歴史を変えた」と言われる作品も登場している。1年の後半に差し掛かったこのタイミングで、今年の重要作や楽しみな作品をまとめてみたい。

 まずは今年3月に発売され、「VRゲームのゲームチェンジャー」とも言えるヒット作となったのが、高価格帯VRヘッドセットValve Index の開発元・Valveが手掛ける名作FPSシリーズの最新作『Half-Life: Alyx』。この作品は、1998年に発売され「その後のFPSのあり方を変えた」と言われる1作目『Half-Life』と、その続編として高度な物理エンジンで進化を遂げた2004年の2作目『Half-Life 2』の間の物語を描いた作品。初代『Half-Life』からかかわる開発者も協力し、16年ぶりのシリーズ新作&初のVRゲームとして制作された。

Half-Life: Alyx Gameplay Video 1

 『Half-Life: Alyx』が素晴らしいのは、VRゲームならではの没入感を最大限に追求していること。プレイヤーは主人公のアリックス・バンスとなって、『Half-Life2』にも登場する都市・シティ17の謎を解きながら、地球外生命体や兵士と戦う。その際、作品内のほぼすべての物体は実際に触れられるものとして用意されていて、『BONEWORKS』同様重量が感じられる形で存在するため、ゲーム内を現実と錯覚するほどのリアリティが感じられる。

 このゲームの中では、投げたものは現実と同じ軌道で飛ぶし、すべての物事が現実と同じ物理法則を持っている。だからこそ、「キッチンの戸棚を開けて中のものを掴む」「引き出しを次々にひっくり返してアイテムを探す」「しゃがんで遮蔽物に隠れながら、隙を突いて敵に銃弾を撃ち込む」「敵がまき散らす有毒な胞子を吸わないよう口を押さえる」「飛び掛かってくる敵を、その勢いを利用して遠くに飛ばす」――。こうした動作が、まるで自分の実際の手や体の動きとシームレスに繋がっているような感覚でゲームプレイに反映されていく。そもそも、アリックスが持っている武器=銃のリロードも、弾が切れるたびに手で行なう必要があり、本当にゲームの世界に自分が存在していて、その中を進んでいくような感覚がある。

 とはいえ、同時にゲームらしい現実離れした要素も大きな魅力になっている。そのひとつが、バーナクルやヘッドクラブなどお馴染みの面々も登場する敵モンスターや、異世界のようなステージの数々。そしてもうひとつが、「ラッセルズ」と呼ばれるグラビティグローブだ。

 物語の時系列的には『Half-Life2』に登場するグラビティガンのプロトタイプとも言えそうなこのグローブによって、プレイヤーは遠くにある物体を手元に引き寄せることができる。この操作が、現実のようなリアリティと、現実では決してできないゲーム独自の体験が融合する『Half-Life: Alyx』の雰囲気を決定づけていて、荒廃した近未来的な都市と、細菌などに侵された奇妙な地下通路や建物内、そして時おり見える青空や街の風景など、ひとつひとつのシーンが魅力的なSFアドベンチャー/FPSに不思議な魅力を加えている。細部までリアリティを追求しているからこそ、非現実的な要素がきちんと非現実なものとして感じられるのだ。

 『Half-Life: Alyx』は発売前後から反響がものすごく、発売翌月に当たる2020年4月に月間の接続VRヘッドセット数が約95万台増加したことは、人々が『Half-Life: Alyx』をプレイするためだったとも言われている。VR機器に興味があるものの二の足を踏んでいるならば、この作品のために用意しても損はしない、2020年のベストゲームのひとつだと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる