オークションで3800万円叩き出した“任天堂プレイステーション”、自作する男が現れる

オークションで3800万円叩き出した“任天堂プレイステーション”、自作する男が現れる

 PlayStation5が2020年の年末発売に向けて注目を集めている一方、ソニーがPlayStationを開発する切っ掛けとなった幻のゲーム機が、別の方向から話題になっている。

スーパーファミコンとPS1のハイブリッド、大金を投じずに実現

 『スーパーファミコンCD-ROMシステム(Super NES CD-ROM)』は、スーパーファミコンの周辺機器として、1990年代に任天堂とソニーが共同で開発を進めていたもので、後に“任天堂プレイステーション”とも呼ばれるようになった。実際にリリースされることはなかったが、モックアップ画像は90年代のゲーム雑誌にも登場している。

 この超レアもののゲーム機を欲しくて仕方がなくなったあるゲーマーが、大金を投じることなく、なんと自分で作ってしまったと『Nintendo Life』が報じている(参考:https://www.nintendolife.com/news/2020/07/random_rather_than_pay_a_fortune_for_the_legendary_snes_playstation_one_man_built_his_own)。

 “任天堂プレイステーション”を自ら作ってしまったのは、LASTFANTASYという名のゲーマーだ。

 一体どのようにして、まとまった開発費用もかけずに作ったのだろうか。彼によると、任天堂がリリースしたスーパーファミコン専用周辺機器でデータ放送を受信する端末Satellaviewを、PlayStation 1で動作するCD-ROMドライブに変換したのだという。

 これはオールインワンのSNES PlayStationのオリジナルプロトタイプと全く同じではないが、よく似ている。いわば、スーパーファミコンとPS1のハイブリッドを構築したもので、仕組みは、至って簡単だそう(参考:https://kotaku.com/fan-builds-his-own-snes-x-ps1-hybrid-1844299831)。

 LASTFANTASYは、その制作過程を動画にて公開している。

View this post on Instagram

📀 Super Famicom CD-ROM 구동방법입니다. 간단하죠.😄👍 Simple work👍 🙆‍♂️Special Thanks to Korean No.1 Retro game Technician : @solvalou_works Korean No.1 Plamodeler: @gcollectus ♊️ #슈퍼패미콤CD롬 #닌텐도플레이스테이션 #플스 #플레이스테이션 #닌텐도 #슈퍼패미콤 #superfamicomcdrom #nintendoplaystation #ps #playstation #nintendo #snes ✡️ #게임 #레트로게임 #추억의게임 #게임스타그램 #ninstagram #retrogamer #retrocollective #collection #retrogaming #videogames #retrogames #games #ニンテンドー #セガ #レトロゲーム #ゲーム

A post shared by LASTFANTASY (@gamer_lafan) on

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!