有吉弘行、芸歴25年の同期・ビビる大木と真剣勝負! 「今日から大木は俺の後輩だ」

有吉弘行、芸歴25年の同期・ビビる大木と真剣勝負! 「今日から大木は俺の後輩だ」

 お笑いタレントの有吉弘行が、6月14日放送の『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)に出演。番組レギュラーのタカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志、ゲストのビビる大木と「ゲームの中で一番好き」と公言するNintendo Switch用パズルゲーム『ことばのパズル もじぴったんアンコール』(以下、もじぴったん)でリモート対戦した。

 有吉がシリーズ初期からハマり、以前から「ゲームの中で一番好き」「みんなで戦おうよ」とおすすめしていた「もじぴったん」。同タイトルは、手持ちのひらがなマスにあてはめて言葉を作っていき、相手のマスを奪い合うというクロスワードとオセロを掛け合わせたようなパズルゲームだ。

 有吉は「全国対戦やってるんですけど、ちょっとやっぱり、子どもたちってズルいね。俺が長くてかっこいい言葉をつくろうとしてんのよ。“ソーシャルワーカー”って入れようとしてたらさ、あいつら“イカ”で邪魔してくるの(笑)」と明かした。

 この日ゲスト出演したのは、芸歴25年で有吉と同期にあたるビビる大木。タカから「ちょっと開始時間が遅れたじゃないですか。大木さんがリモートの接続が全然わからなくてスタッフに何回も同じ質問をしてて。俺の部屋にずっと聞こえてたんですよ」と暴露されると、大木は「いや、タカちゃん勘弁してよ~」と苦笑いし、「この間、矢作(兼)さんにも言われたのよ。『リモートのセッティングが出来ない奴はリストラされるぞ』って(笑)。もう、怯えながら機械をセッティングしていますよ」と語った。

 今回は『もじぴったん』を愛する有吉が、レギュラー陣+ゲストの大木と一人ずつ対戦していくことに。トシから「有吉さん、まず誰とやりたいですか?」と問われると、有吉は「それはまぁ、大木だね。大木は数少ない同期だからね」と述べ、かくして、同期対決が行われることになった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる