YouTuberカジサック、収入は『はねトび』時代の10倍に 松本人志「はねすぎやろ」

 YouTuberのカジサック(キングコング・梶原雄太)が6月12日、ダウンタウン司会のトークバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にゲスト出演した。

 カジサックは先日、YouTubeチャンネル登録者数が200万人を突破。人気のYouTubeチャンネルへと拡大していっているが、浜田雅功から「大変やった? あなた毎日3000件位のコメントに返信しているんでしょう?」と質問されると、カジサックは「デビューから1日も欠かさず3~5時間をかけて必ずコメントを返しています。それをやることで、ちゃんとやってるなって思われるんで」と視聴者との距離を縮めるために自分に課したルーティーンを明かした。

 またコロナ禍で営業などの露出が激減したという純烈の酒井一圭が“YouTubeでバズりたい”と思いを明かすと、カジサックは「このままだと100%失敗すると思うんですよ」「YouTubeはテレビと違って、距離感が近いのが良さだと思うんです。芸能人の方は『公式』だとか『official』をつけがちなんです。後ろにあるヘッダーも宣材写真を使いがちなんですよ。で、純烈さんのチャンネルを見ると、それをゴリゴリに使っている」と指摘。「まずチャンネル名を変えた方がいいと思う」とアドバイスを送っていた。

 続いてカジサックの気になる収入面について、ダウンタウンが迫っていく。松本人志が「前にヒカキンのを聞いたことがあるけど、ものすごかった」と話すと、カジサックは「ヒカキンさんはYouTube界では神なので流石にですけど、めちゃくちゃ稼いでますね。『はねるのトびら』(フジテレビ系)をやってる時が僕らの絶頂やったと思うんですけど、その頃に比べても10倍くらいになってる」と衝撃のギャラ事情を明かす。これに松本は「いや、お前はねすぎやろ」とツッコミ、スタジオを笑いで包んでいた。

 またカジサックは所属する吉本工業とのギャラの取り分についても言及。「その辺のギャラの取り分も実は頑張りました。一度ネットニュースになったんですけど、どうやらカジサックだけ、吉本の中で特別扱いを受けている、僕だけ吉本の中でギャラの取り分が違うというニュースが流れたんですけど、そんなわけなくて。なんやったらいろんな芸人さんに“YouTubeを始めてもらいたい”という思いから会社の上層部と話して、芸人の方がギャラが多くなるよう交渉して逆転させました。そこまでしているのに僕だけギャラの取り分が違うって言われていたのはキツかったですね」と明かしていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる