木村拓哉から松本人志まで YouTuberデビューで“稼げる金額”をラファエルが考察

 “時給日本一のYouTuber”を自称するラファエルが6月8日、公式サブチャンネルに「この人がYouTube参入したらやばい」と思う芸能人を答える動画を投稿した。

この人がYouTube参入したらやばい【ラファエル】

 ラファエルは「テレビで一周でもしている有名人であれば、誰が入っても全員伸びると思う」と言い、「『一周回った』ってどのレベル?っていうと、じゃあ、JOYくんとか。一応一周回っとるやろ」と例示した。

 マネージャーのゆうたが「一発芸人さんはどうですか? たとえば、波田陽区さんとか8.6秒バズーカさんとか」と聞くと、ラファエルは少し悩んで「いけるよ」と回答。続けて、「波田陽区さんはギター侍のままは無理よ。YouTubeやっとるしな。でも俺が言ってるのは、そもそも(芸能界で)一周もまれた方は能力が高いから。だからこっちがその人を見て心理的に分析して、YouTubeの見地からアドバイスするというコンサルをすることによって全員が伸びると思ってる」と説明した。

 「伸びない人なんてまずおらんと思ってる。伸びないのが不思議やと思ってるくらい。これが俺のほんとの答え。マジで」とラファエルは続ける。そこから、ラファエルは「自分がコンサルに入って、この芸能人なら年に最低何億円稼がすことができるか」という切り口で話を進めていった。

 有吉弘行について、ラファエルは「5億円。俺は超えてくるやろ。最低で俺やろ」と即答。バナナマンの日村勇紀に関しては、「3億5000万円。有吉さんとの差は、おそらく日村さんはトーク系の長く視聴させることは出来へんねん。要は『視聴維持率』なので。ジャンルでエンタメになるから伸びたらフィッシャーズまで行きますけど、伸びなかったら俺くらいまでしかいかない。伸びて5(億円)、コンサバに考えて3.5(億円)」と分析した。

 ラファエルの評価が最も高かったのは、松本人志で「12億円」。「松本人志さんの場合は特にそうなんですけど、こっち(YouTube)でしか見られないというプレミア感がないとあかんから、こっち(テレビの仕事を)全部捨てないとあかんから、諸々入れたら12(億円)は行くと思う。コンサバで7(億円)」と述べ、「まっちゃんがやる時は何を見たいと言ったら一人ごっつ系。絶対にずっとそれ」と力説した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる