“金持ちYouTuber”ヒカル、生活費は月500万超? 外出自粛前後の経費とその内訳を公開

 金持ちYouTuberのヒカルが5月22日、公式YouTubeチャンネルに外出自粛前と自粛後の経費を公表する動画を投稿した。

【金額公開】自粛前と自粛後の経費と生活費比べたら差がとんでもなかった…

 ヒカルは「経費と生活費を自粛後・自粛前で比べて、一体どれくらい変わったのかすべて金額を公開していきたいと思います」として、2月分と4月分の支出を記録したノートを取り出した。

 2月は、ヒカルがメインチャンネル開設3周年を記念し、1ヶ月の間で3000万円を動画企画費として使い切るマンスリー企画「1ヶ月3000万円生活」を実施した月。大盤振る舞いした分だけむろん、経費(企画費)は高額で、合計3125万円となった。

 問題は生活費だ。通信費が4万2000円、衣装代が30万円、会食代が32万円、雑費(食費や薬代など)が12万円、光熱費が3万1000円など、一般レベルで考えると高額な出費が目立つ。

 とりわけ高かったのが、家賃。居住する住まいとは別に仕事で使用するスペースも間借りしているため「241万円」に達しており、ヒカルは「やりすぎ!」と、無駄な支出だったことを認めた。

 また、交通費も「62万円」と予想よりも高額で、ヒカルは「62!?どこまで移動したん!?すごいな~!」と目を丸くした。一方、ヒカル本人が納得のいく高額支出が美容費で、合計額は「150万円」となった。ヒカルは「整形もしてないのに、150万もかけとるんや。どうなっとんねん(笑)」と笑いながらも、「自分磨きにかけてるお金と考えたら、良いんじゃないかなとも思う」と語った。

 これらを合算した2月の生活費は534万3000円。企画費と合わせると、実に3659万5143円にものぼった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる