インスタライブの音源使用、上限が90秒に? 権利トラブル対策の一貫

インスタライブの音源使用、上限が90秒に? 権利トラブル対策の一貫

 Instagramが動画やライブストリーミングに使用される音楽についてのアップデートを発表した。これらの改善は、ネット上で活動するタレント、インフルエンサー、クリエーターにとって歓迎すべきものになるだろう。

ガイドラインを明示、Facebookのサウンドコレクション利用を奨励

 プラットフォーム上での音楽表現を奨励しながら、権利所有者との合意を確実に守り、アーティスト、ソングライターといった音楽コミュニティを保護するのに役立つ「動画内の音楽に関するアップデートとガイドライン」について、Instagramはブログ上で報告している(参考:https://about.instagram.com/blog/tips-and-tricks/updates-and-guidelines-for-including-music-in-video/)。

 まず、動画に音楽を含めるためのガイドラインを明確にするための説明がなされている。ストーリーの音楽やライブパフォーマンス(アーティストやバンドの演奏などの撮影)に制限はないが、最初から最後まで全体が録音されたトラックの数が多いほど、動画が制限される可能性が高くなるため、短い音楽クリップを勧めるとしている。他メディアの報道によると、上限は90秒になるとも伝えられている。

 なお、動画には常にビジュアル・コンポーネントが必要で、録音されたオーディオが、動画の主な目的であってはならない。これらのガイドラインは、FacebookとInstagram両方の全てのタイプのアカウントのライブと録画された動画で一貫している。

 また、Facebookのサウンドコレクションを使用すると、カスタムの音楽や効果音のライブラリーに無料でアクセスできる。サウンドコレクションには、FacebookやInstagramで共有する動画で使用できるヒップホップ、ポップ、ジャズ、カントリーなど、様々なジャンルのトラックが多く含まれている。

 音楽が原因でストリーミングが中断したり、動画の一部がミュートになる現象を最小限に抑え、オーディオの使用に関する混乱を防ぐために、プロダクト内の通知も改善しているという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる