Appleが1000億円超の「6階建て192室のホテル」を建設

 米テクノロジー大手のAppleが、テキサス州オースティンの同社キャンパスに、10億ドル(約1000億円)規模の予算で、192室のホテル建設を計画していることが分かった。

本社に次ぐ、2番目に大きな拠点

 オースティン市により4月29日に認可された改訂された建設計画は、以前から想定されているオフィスビルと駐車場に加えて、75,500平方フィートの6階建てのホテルを示している、と『CultureMap Austin』が伝えている(参考:https://austin.culturemap.com/news/city-life/05-20-20-apple-adds-surprising-element-to-1-billion-campus-in-northwest-austin/)。

 オースティンで2つ目となるAppleのキャンパスには、合計300万平方フィートの建物が展開し、そのうち約200万平方フィートがオフィススペースに充てられる。バージニア州にあるアメリカ国防総省の本庁舎、通称ペンタゴンの床面積が660万平方フィートといえば、かなりの規模であることが分かるだろうか。

 このプロジェクトでは、まず2022年に5,000人の従業員を収容し、最終的には15,000人の従業員を収容できるようになるという。

 Appleは現在、近隣のウェストパーマーレーンとリアタビスタサークルで、7,000人規模のオースティン従業員の大半が働いている。2016年に完成した110万平方フィートのキャンパスには、7つのオフィスビルがあり、今回建設されるであろうホテルは、カリフォルニア州クパチーノにある50億ドル(約5000億円)の本社に次ぎ、Appleで2番目に大きな規模だ。

テクノロジー企業のホテル事業参入、時代を先取り

 コンサルティング会社The Boyd CompanyのJohn Boyd Jr.氏は「Appleは非常に多くの点において、トレンドセッターです。新しいオースティンのキャンパスで計画されているホテルは、時代を先取りしている例です」と述べる。

 また「会社にホテルがつながっているのは、今のところ、あまり一般的ではありませんが、COVID-19以降の世界では、特に Apple、Google、Facebook、Microsoftといった資金力のあるテクノロジー企業で、こういったコンセプトが更に増えることを期待しています」と続ける。

 Appleには、世界中から人々の往来があるため、オフィスにホテルが隣接していることは理にかなっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる