iPhone 12の基板がリーク? 直近の“コンパクト化”から一転、細長いL字型に

iPhone 12の基板がリーク? 直近の“コンパクト化”から一転、細長いL字型に

 iPhone 12シリーズのロジックボードと思われる画像が、新たにリークされた。

 これは、Apple情報に詳しいツイッターアカウント『有没有搞措』(@L0vetodream)が投稿したものだ。

最近製造され、見慣れない形状

 これを受けて『MacRumor』は、iPhone 12またはiPhone 12 Proのロジックボードがリークしたようだ、と報じている(参考:https://www.macrumors.com/2020/05/19/alleged-iphone-12-logic-board-photo/)。

 注目すべきは、最近のハイエンドiPhoneモデルのコンパクトなボードとは対照的に、細長いデザインになっている。また印字は「2019年の第40週、すなわち10月の第1週に製造された」ことを示している。

 iPhoneのフラッシュストレージのサプライヤーは、以前と同じくSamsungのようだ。

 デバイス内部のコンポーネントため、外観の手掛かりが多いわけではないが、主要部品を積載する重要な基板であることには違いない。

 現時点では、ロジックボードが、どのモデルに対応しているかや、それが本物かといった確証があるわけではない。しかし、最近になって作られた、従来とは違う形状のロジックボードだということを、うかがい知ることができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる