ヒカキン「コロナ医療支援募金設立」から人気YouTuberたちへ拡散 若者へ繋ぐ“社会貢献のバトン”

 YouTuberのヒカキンが5月21日、自身の公式YouTubeチャンネルで「命を守る人を支えたいコロナ医療支援募金」の立ち上げを報告。その後、人気YouTuberのコロナ対策支援が相次いでいる。

 ヒカキンは、感染防止のためのマスク、消毒液をはじめとした医療用品不足に悩む医療従事者を支援すべく、Yahoo!基金と協力して募金窓口を開設。自らも1億円を寄付して、広く募金を呼びかけたことが大きな話題を呼んだ。

1億円寄付してコロナ医療支援募金を立ち上げました。僕と一緒に募金して命を守る人を支えませんか?

 この動きに早速、他の人気YouTuberたちも反応。6人組YouTuberグループ・東海オンエアは同日に「東海オンエアも募金に協力します」と題した動画を投稿した。

 動画の中で、同グループのリーダー・てつやは、ヒカキンが立ち上げた募金窓口を「信頼できる場所」「大きく協力しようと思える場所が見つかった」として、募金を行ったことを報告。「報告するのもアレかなと思ったんですけど、ヒカキンさんの動画を見て『僕らもやろう』となったということは、僕らがこの動画をあげることによって『東海オンエアがやるなら、僕もやってみよう、私もやってみよう』と思う方が少なからずいるんじゃないか」と期待を寄せた。

【HIKAKINさんの動画を観て】東海オンエアも募金に協力します

 また同日、ヒカキンの幼馴染としても知られるYouTuber・マスオも、「コロナ医療支援募金」へ寄付をしたことを動画で公表。マスオはヒカキンについて「YouTuberとしても人間としても幼馴染としてもリスペクトできる、素晴らしい人間だなと改めて痛感しました」と讃えた上で、「そんな彼の想いに何か協力できることはないかなと思いまして、僕なりに微力ではあるのですが、100万円寄付させていただきました。そして、医療現場の最前線で働いている方々の力になれればと思い、この動画を作りました」と語った。

ヒカキンが立ち上げたコロナ医療支援募金へのご協力お願いします。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!