『今日好き 青い春編』第3話ーーしゅんが一夜にして“モテ男”に! カップル続々誕生か

『今日好き 青い春編』第3話ーーしゅんが一夜にして“モテ男”に! カップル続々誕生か

 2日目はまず、女子がチャレンジした風船早割り対決の結果、粕谷音(のん)が佐久間美波(みなみ)を2人きりのいちご狩りへ誘えることに。残りのメンバーは、宿泊先でバーベキューを楽しむのだが、ここですかさず、広瀬りな(りな)が昨晩に猛アプローチを仕掛けた桑山隆太(りゅうた)をツーショットに誘う。これには、先程までりゅうたとビーチでの“朝散歩”を楽しんでいた山田なる(なる)も、眉をしかめるしかなかった。

 りなはりゅうたに、「どっちが海に行こうって言ったの?」などと、今朝のツーショットについて詮索。そこから、りゅうたの想いに探りを入れるのだが、返ってきたのは「なるちゃんが気になっていて」という、最も聞きたくない答えだった。これにはショックと涙を隠せない様子だったものの、「りなはずっと(りゅうたで)変わらないかな」と空元気を出し、バーベキューで隣に座る相手も「決めていいよ、自分で」と、その判断をりゅうたに委ねる。その後は、なるについて「逆に応援する」と、やや自暴自棄な様子を見せていたりな。2日目の朝にして、りゅうたの答えをいささか早く求めすぎた印象だったが、その本心は言葉通りなのだろうかーー。

 いよいよバーベキューが始まると、りゅうたはなるを隣に座るよう促す。また、食事中の「いま気になる人の人数を言おう」という話題でも、りゅうたとなるはお互いに「1人かな」と自信をもって答えるのだった。ただ、ここで予想外だったのは、りなと木村伊吹(いぶき)の答え。なかでも、いぶきは初日のセスナデートで、永江梨乃(りの)と良好な関係を築いていたが、その回答はりなと同じく「2人かな」だった。結論から述べると、両者それぞれの真意は第3話では明かされなかったため、この後の展開に期待が掛かる。

 一方で、いちご狩りに出かけたみなみとのん。お互いの選んだいちごを“あーん”で食べさせ合う場面では、「“のん”の愛のこもったいちご」と甘い言葉でアプローチ。いちごの大きさが問題だったのかは定かではないが、みなみはそのいちごを“ヘタ”ごと食べるなど、2人の間のご機嫌な“ハッピーオーラ”に赤面してしまうばかりだった。

 そこからカフェに場所を移すと、のんはみなみに本題を切り出す。のんが現在の心境を尋ねると、みなみはまず、初日から気になっているりのを思い浮かべながら「俺はほかに1番話したい子がいて」と言葉を濁す。また、「恋愛対象には入る?」という質問にも、「一緒にいて楽しいん“だけど”」と、そこから先は聞きたくない前置きを挟むのだった。のんへの印象は、あくまで“友だち”。2人の関係性に発展の余地はないのかもしれない。

 その後も「どうやったらりのを越せる?」と、ひたむきなのん。最後に手を繋ぎたいと提案するも、みなみはあくまで傷つけないようにそれを断る。一貫して誠実な対応を取られたからこそ、のんはみなみを振り向かせられなかったことに「悔しい」と言葉を漏らす。彼女の奮闘ぶりが、最終日に実を結ぶことを願うばかりだ。

 食事を終えたバーベキュー組は、女子が話したい男子を自由に選ぶ時間に。ここではまず、りのとなるがりゅうたに、りなと鵜川もえか(もえか)、くろがねさら(さら)がしゅんのところに集まった。なお、りのは一度も話していなかったという理由でりゅうたを選んだが、あまり会話が弾まず、最後にはいぶきを選んでいることも付け加えておきたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!