YouTuber水溜りボンドの人気に内村光良も驚愕 新番組『内村のツボる動画』で示した存在感

 人気YouTutuberの水溜りボンド(カンタ、トミー)、そしてカジサックが、4月14日に放送された内村光良、近藤春菜(ハリセンボン)、澤部佑(ハライチ)が司会を務める「内村のツボる動画」(テレビ東京)にゲスト出演した。

 この番組は世界で流行しているテーマや再生回数が多い動画にテレビの力をプラスアルファして、世界で話題になる“ツボる動画”を作成・発信し、1000万回以上の再生を目指すプロジェクト。今回は火曜エンタ枠にて月1レギュラー化が決定してから初めての放送となった。

 番組の中で、YouTubeチャンネル登録者数426万人、動画合計再生回数31億回と紹介された水溜りボンド。これに内村は「本当にはじめましてなんですけど、すごい人気あるんでしょう。31億ってどっ、どっ、どういうこと……」と驚きを隠せない様子だったが、2人も「僕らもビックリしてます(笑)」「31億回といっても合計ですから」とコメントしていた。また水溜りボンドがこれまで1番再生回数が多かった動画として紹介されたのは、カンタとサポートメンバーのキイチが仕掛けた「相方が逮捕されたドッキリがヤバい展開になったww」企画。再生回数は驚異の1355万回と伝えられた。

相方が逮捕されたドッキリがヤバい展開になったww

 また水溜りボンドが投稿した「【超危険】エレベーターの床ないドッキリがヤバすぎたww」の映像も紹介され、トリックアートを駆使した動画はシリーズ累計1085万回再生を記録している。これを受け、番組ではこれまでYouTubeで高い再生回数を誇った歴代イタズラ動画を徹底的にリサーチしたという。その中から再生回数の多かったベスト3のイタズラ動画を、三四郎の小宮の仕掛けた。

【超危険】エレベーターの床ないドッキリがヤバすぎたww

 仕掛け人となったのがトータルテンボス率いる「SUSHI☆BOYS」、そしてヒカキン物真似で人気のYouTuber「デカキン」だ。3位は「楽屋の扉を開けたらラップ」、2位は「振り返ったら全員バケツ」、1位は「いきなり1万個のスーパーボール」とYouTubeでは定番となりつつある、仕掛けが小宮を襲ったが、番組ではテレビ番組の大掛かりな仕掛けではなく予算をかけずにクスッと笑える動画というのがYouTubeイタズラ動画のポイントだと紹介された。この小宮のドッキリ動画を見て、内村も「なんかテレビとの違いを感じたね。ちょっとした時間で観られるっていうね」と納得した様子だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!