ヒカキン、緊急事態宣言を受けての帰省や“疎開”に警鐘「今一度よく考えて行動してください」

 人気YouTuberのヒカキンが4月7日、自身のYouTubeチャンネル「Hikakin TV」に、「僕の地元でコロナが。緊急事態宣言が出ても帰省は控えよう【拡散希望】」と題した動画を投稿。緊急事態宣言をきっかけに地元や感染者の少ない地域に行くのは控えようと、強く訴えた。

僕の地元でコロナが。緊急事態宣言が出ても帰省は控えよう【拡散希望】

 この動画を撮影したのは4月7日の15時頃だという。冒頭でヒカキンは「東京をはじめとした感染者の多い地域に今夜にも緊急事態宣言が出されると言われています。そんな中、僕の目にすごくショッキングなニュースが飛び込んできました。それは『上越市で初の新型コロナ感染者確認。東京から帰省の30代男性会社員』。この上越市というのは新潟県上越市、僕の地元です」と語った。

 『上越タウンジャーナル』によると、この男性は公共交通機関は利用せず家族にも会わなかったとのことだが、東京で感染してしまい、地元の病院を受診したところ新型コロナウイルスの感染者だということが明らかになったそう。現在は同市内の病院に入院したとのことだ。この報道を受けヒカキンは“家族が心配”と複雑な胸中を明かしていたが、「緊急事態宣言が出る中で感染者の多い地域から実家に帰ろう、田舎に帰ろうと思っている皆さん、やめましょう。いろんな感情や人それぞれの理由もあるとは思います。もしかしたら田舎のおじいちゃんやおばあちゃん、お父さんお母さんが『早く帰ってきなさい』って言うかもしれない。ですが、ただそこで無症状で帰ってしまって、もしうつして(家族や接した人を)亡くしてしまったら一生後悔します」と強く訴えた。


 ヒカキン自身も不安があり本音を言えば“家族と過ごしたい”というが、自分が無症状で感染しているかもしれないという意識を持って、日々自宅で過ごしているという。「テレビでもやっていますけど、感染者の少ない鳥取や島根に“コロナ疎開”と言って逃げるとか、安全そうな沖縄に逃げようという方が増えているみたいなんですよ。東京の感染者が毎日100人を超えていて不安になる気持ちはすごくよくわかります。ただ、そこで地方に行って広めてしまうと全国で感染爆発してしまう。緊急事態宣言が出たら田舎に帰ろうと迷っている方・決めている方、今一度よく考えて行動してください。その判断で一生後悔してもしきれないようなことが起きてしまうかもしれません」と呼び掛けた。

 その上で「僕自身も緊急事態宣言が出てしまったら、どう生活が変わるのかわからないので、不安はあるんですが、今自分にできることは“家で過ごすこと”。前から動画で『#うちで過ごそう』を広めてきました。今はそれに尽きるなと思います。そして改めて、不要な外出だったり、人が集まる場所に行ったり、友達で会ったりはせず、3密(密集・密閉・密接)を避けて生活しましょう」とコメントした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!