iPhone 9(SE2)は15日発表&22日出荷? 対応ケースが小売業者に出荷

iPhone 9(SE2)は15日発表&22日出荷? 対応ケースが小売業者に出荷

 新型コロナウイルス流行の影響により、販売スケジュールが不透明になっていたiPhone 9(SE2)に明るい兆しが見え始めた。同機種が4月中に発売される確固たる動きが確認されたのだ。

4月5日までは棚卸ししないとの厳命

 Apple専門ニュースメディア『9to5Mac』は先月30日、iPhone 9(SE2)対応ケースが小売業者に出荷されたことを報じた。出荷されたのは耐衝撃ケースで有名なアクセサリーメーカー「URBAN ARMOR GEAR」製のもので、アメリカの大手家電量販店Best Buy等に出荷された(トップ画像参照)。

 『9to5Mac』の記事は、出荷に際しては4月5日までは棚卸ししないことが厳命されていたことも伝えている。この厳命から、ふたつの事実が推測される。ひとつは、4月5日まではiPhone 9(SE2)が発表される可能性はまずないこと。もうひとつは、おそらく今月中には同機種が発表されるだろう、ということだ。というのも、指定日まで棚卸し不可の指示には同機種対応ケースの画像流出阻止とフライングゲットを防止する意図があると推測されるが、こうした意図は同機種の発表が間近でないと生じないからである(もっとも、結局は画像が流出したのだが)。

 ちなみに、画像流出したケースのサイズはiPhone 8と同じ4.7インチである。対応ケースのサイズから考えると、iPhone 9(SE2)のデザインは噂通りiPhone 8を継承するようだ。

Apple内部ミーティングの内容がリーク

 iPhone 9(SE2)に関しては、Apple専門ニュースメディア『appleinsider』が先月31日、同機種に関する有名リーカーのツイートを紹介した。テック系YouTubeチャンネル『FRONT PAGE TECH』から数々のリーク情報を発信してきたJon Prosser氏が、同機種に関するAppleの内部ミーティングの内容をツイートしたのだ(下のツイート参照)。

 Jon Prosser氏のツイートには、Apple内部ミーティングの内容としてiPhone 9の仮の発表日は4月15日、出荷日は4月22日、と書かれている。もっとも、パンデミックの渦中であるので、状況が変わる可能性があることも追記されている。

 以上の予想販売スケジュールは、3月初旬にiPhone 9(SE2)の製造が最終検証段階に入ったことを伝えた『appleinsider』の記事、ならびに対応ケースが入荷したことをふまえると、信憑性が高いと言える。ただし、予想販売スケジュールが正しかったとしても、Apple Storeで購入できない可能性がある。既報の通り、同ストアは現在閉鎖中であり、新型コロナウイルス流行の動向によっては4月中の再開も難しいかも知れないのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!