東野幸治、てんちむ・まあたそら女性YouTuberの“生き様”に驚愕 独創性が成功の鍵に?

 3月17日に放送された、お笑いタレントの東野幸治がMCを務めるバラエティ番組『その他の人に会ってみた』(TBS系)で、“その他なジャンル”で稼ぐYouTuberとインスタグラマーが紹介された。

 この番組は、統計やアンケートの「その他」の欄に該当する人を“その他さん”と名付け、王道ではないその生きざまに密着する調査バラエティ。17日の放送回では、女性YouTuberとインスタグラマー、それぞれの“その他さん”が紹介された。

 番組が紹介した株式会社BUZZCASTのデータによると、もっとも多いYouTuberのジャンルは「チャレンジ系」で26%。以降、「キッズ系」(13%)、「Video Blog系」(13%)、「ゲーム実況」(11%)、「企業」(10%)、「料理・グルメ系」(9%)、「音楽系」(7%)、「レビュー系」(5%)と続き、肝心の「その他」は6%となった。

 “その他さんYouTuber”として紹介されたのは、“詐欺メイク”で知られる美容系YouTuberのまあたそ、全国の混浴温泉を巡るYouTuber・しずかちゃんの2名。また、“その他さん”から外れる王道YouTuberとして、登録者数122万人(3月18日現在)のてんちむの自宅訪問VTRも公開された。

【激変】あのスッピンブスがとうとうメイク動画投稿するってよ!!【一重から二重】

 都内一等地のマンション(持ち家)に暮らし、ランチで2万円以上するUber Eatsの食事動画をアップしたてんちむ。自身も新米YouTuberとして日々動画をアップしている東野は、その豪奢な暮らしぶりに「てんちむさんにもテレギャラ払うんでしょ? 鼻で笑うんかな? そのこともYouTubeに載せられるんやろな。『この間、東野の番組出てさ。ギャラこんだけ~』って(笑)」と毒づいた。

今月もウーバー食費ヤバそうな女の食生活

 続いて紹介された“その他インスタグラマー”は、“その他さんYouTuber”よりもさらに独創性に富んでいた。

 はじめに紹介されたのは、グラビアアイドル・水沢柚乃。もともとは月の仕事が1~2本程度の売れないグラドルだった水沢だが、ショートムービーで水着姿をちょい見せする「10秒グラビア」を発案して、これをインスタで展開したところバズを起こし、一躍SNS上の有名人に。現在「10秒グラビア」は他のインスタグラマーがこぞって真似しており、発案者の水沢も有名週刊誌の表紙を飾るなど、仕事の依頼が急増するようになったという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる