『あいのり』は“恋リア”という枠に収まりきらない? 新シーズン、次々にメンバー倒れる“過酷さ”に注目

 また『あいのり:African Journey』では、歴代同様、個性的なメンバーが活躍し、視聴者に様々なドキドキを届けてくれた。特に今回注目されたのは、フジテレビ系で放送されていた時代の『あいのり』で、史上最も長く旅を続けた男として一躍有名となったヒデが、新メンバーとして加入したことだろう。ヒデは約15年ぶりにラブワゴンに乗車し、恋に関わっていこうと一生懸命努力するが、年の差もありなかなか上手くいかず。最終的には、旅の途中でリタイアしてしまうという無念な結果となってしまった。

 さらに、度々名言を残してきたしゅうまいは、初期メンバーのハスキーと共に、最終回まで残ることに。ハスキーがJOYから告白を受けて帰国が決まる一方で、しゅうまいはなかなか恋が成就せず、結局、最後まで良縁が訪れることはなかった。ハッピーエンドを迎えたハスキーだが、彼女もまた旅の途中で病に伏したり、幼い頃から抱えていた心の闇を打ち明けたりと、困難や苦悩もたくさんあった。涙をたくさん流しつつも、最初から最後までみんなをリードしながら作品を盛り上げてくれたハスキー。最後はとびきりの笑顔で、旅のフィナーレを飾ってくれた。

 他の恋愛リアリティーショーではあまり見られない健康面・衛生面での問題や、知らない国に行く不安感とその土地で出会う新しいことへのワクワクなどが持ち味となる『あいのり』。地上波での放送当時は、時代を象徴する人気番組であった。これからも『あいのり』は、他の作品とは一味違ったアプローチで、恋愛バラエティを牽引していくことだろう。

アジアを飛び出し、ラブワゴン再出発!『あいのり:African Journey』予告編

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■配信情報
『あいのり:African Journey』
Netflix:毎週木曜に新エピソード先行配信
FOD:毎週土曜深夜0時に配信予定
プロデュース・演出:西山仁紫(共同テレビ)
プロデューサー:飯田礼聖(共同テレビ)
エグゼクティブプロデューサー:坂本和隆(NETFLIX)/清水一幸(フジテレビ)/田淵 麻子(フジテレビ)
制作著作: フジテレビ
制作協力: 共同テレビ
『あいのり:African Journey』オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる