カジサック、島田紳助のYouTube出演に複雑な表情 「僕はまだお声がけしないけど……」

 カジサック(お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太)が1月16日、YouTubeのサブチャンネル「カジサックの小部屋」で、先日、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんがYouTubeに出演したことについて本音を吐露した。

【本音】島田紳助さんがYouTubeに出演した件について

 1月13日、人気バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)ファミリーの一員である歌手misonoが運営するYouTubeチャンネルに登場した紳助さん。表舞台に姿を見せたのは、実に8年半ぶり。写真週刊誌などでしか近況を追えなかった紳助さんの「動いてしゃべる姿」という希少コンテンツはたちまち大きな注目を集め、YouTubeの急上昇ランキング1位を獲得し、1月18日現在で約527万回という驚異的な視聴回数を記録している。

 カジサックは「びっくりしたね。ほんとにびっくりした」と一言。「紳助さんがああやって、皆さんの目の前に生身の姿を見せてくれたのは有難かったんですよ。トークも変わりなく、見た目もなんやったら、かっこよくなってない?みたいな」と喜びつつも、「でね、今日は何を話したいかって言うと、あのね~……」とやや複雑そうな表情に。そして、「僕、チャンネルを2018年10月1日に開設したんですけども、その前から実は、勝手に『いつか紳助さんに』っていうのはあったんですよ」と、紳助さんをYouTubeチャンネルに出演させることが自身の悲願だったと打ち明けた。

 続けてカジサックは、「misonoさんは特別やったりするやん。『ヘキサゴン』っていう大きな番組があって、特別なファミリーだったりするから。そこは全然素晴らしいことだし、『すごいこと、見せてくれてありがとうございます』なんですけど……」とmisonoの功績を讃えながらも、「僕、個人的にいうと簡単にはお声がけできなかったりするんですね……」と少し悔しそうにポツリ。「でも、今回、misonoさんのチャンネルに出演してくださったってことは、なんかあり得るのかなと。僕はまだまだお声がけはしないですよ。でも、するとしたら、本当に何かしらのデカい記念だったり」と述べ、「いつか実現したら良いなと勝手に思っております」と願望を口にした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!