『CES 2020』注目浴びたソニーの次世代自動車とトヨタの「スマートシティ」、海外メディアはどう報じた?

 米国最大の消費者向け電子機器の見本市『CES』(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)が、1月7日~10日に米国ネバダ州ラスベガスで開催され、各社の発表は、センセーショナルな内容が目白押しだ。

ソニーのコンセプトカーは衝撃的

 ソニーは、センサーやインフォテインメント・システム等のテストを兼ねて、コンセプトカー「Vision-S」をつくり、展示。開発を進めている車内のエンタメ環境から、自動運転技術を支える高解像度センサーまで、様々なプロダクトを紹介している。

 すべての座席には、独自の音響セットがあり、各ヘッドレストにスピーカーが組み込まれている。ソニーは「360 Reality Audio」と呼んでおり、乗客を音で包み込み、没入感のあるエクスペリエンスを演出する。これは、音響を得意とするソニーらしい仕掛けだ。

 運転席に座ると、ダッシュボードが端から端まで、フラットパネルLCDスクリーンになっている。安全確保のため、走行中は、運転手の目線からは、暗くなるか動画ではないものが表示されるという工夫が見られる。

 『ExtremeTech』は「CES 2020の衝撃は、ソニーのコンセプトカー」といった見出しで、「ソニーは自動車のテクノロジーサプライヤーとして、勢いを取り戻すことになるだろう」と報じている(参考:https://www.extremetech.com/extreme/304337-ces-2020-shocker-sonys-concept-car-showcases-sony-of-course-tech)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる