ビビ、積極的なアプローチと清々しい性格でモテ男・凌を射止める? 『テラスハウス』第27話未公開映像

「カリスマ……? 自分に自信がある人。自分を持ってる人が好きかな、一番」

 26TH WEEK本編から、新メンバーとしてテラスハウスに入居したドイツとロシアのハーフ・ラズドゥミナ ヴィオレッタ(以下、ビビ)は、ハリウッド女優を夢見る24歳。現在は、モデルとして活躍している。

 そんなビビは、テラスハウスに住む理由について、新住人インタビューでこう語っている。「最近もう毎日同じって感じで、ずっと彼氏もいなくて。テラスハウスってみんなで住んでるから、めちゃくちゃ楽しそうだなって思って。もしかしたら、好きな人できるかもしれないし。もう、楽しみでしかないです。かっこいい人いるといいな〜」。

 彼女はこの言葉通り、入居してすぐに恋に落ちた。相手は、プロバスケットボール選手の凌。凌と言えば、女子プロレスラーの花が一目惚れし、いまも絶賛乙女モード全開中だ。加えて、最近そこに愛華も参戦し、ついこの間まで熱い三角関係を繰り広げていた。ということは、これで現在、テラスハウスで暮らす女性メンバー3人全員の矢印が、凌に向いてしまったことになる。だが、ビビは後から入ってきたことや、花が凌に対して熱烈に好意を抱いていることなど、そういったすべての柵に全く臆することなく、果敢に攻めの姿勢を見せていた。

 27TH WEEK本編で凌と初めて対面したビビ。入居した当日は、凌が不在だったため、花と愛華から彼の話を聞いただけだった。だが、すでにその時点で凌に興味を持っている様子だったビビ。彼の恋愛観などに熱く同意していて、ずっと会うのを楽しみにしていた。そして、念願叶ったこの日。ビビはすぐに凌と打ち解け、彼を気になり始める。彼女は好きなタイプについて、「カリスマ……? 自分に自信がある人。自分を持ってる人が好きかな、一番」と答えていた。確かに凌からは、“自己肯定感の高さ”と“揺るぎない自分”があることを感じる。まさに凌は、ビビにとっての理想の相手、“かっこいい人”なのかもしれない。

 そして恋心を自覚した途端、ビビは女子部屋で花と愛華にもしっかりと報告していた。入居前に「みんなと仲良くなって、楽しい日々を作りたい」と語っていただけに、ビビは行動を起こす前に、まずは恋敵にあたる女子メンバーに自身の想いを打ち明けるべきだと思ったのだろう。共同生活ゆえにいざこざに発展しそうなことは、事前に“報・連・相(ホウレンソウ)”することを怠らず、クリアな状態にしてから突き進む。無自覚かもしれないが、ビビは無駄なトラブルは回避するという心の余裕と賢さをしっかりと兼ね備えているようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる