声優・花江夏樹、YouTubeで見せる素顔とは? 小野賢章&江口拓也参戦の【闇のゲーム】シリーズの面白さ

 声優・花江夏樹のYouTube動画【闇のゲーム】シリーズが、クレイジーで最高すぎる。花江は今をときめく人気男性声優のひとり。アニメファンでない方も『四月は君の嘘』(TOKYO MXほか)の有馬公生役、『東京喰種トーキョーグール』シリーズ(TOKYO MXほか)の金木研・佐々木琲世役、『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)の竈門炭治郎役といえばわかるのではないだろうか。

 その実力はお墨付きで、第9回声優アワードでは新人男優賞を受賞している。さらに、2016年からは『おはスタ』(テレビ東京系)のメインMCにも就任。また、かつてニコニコ動画で歌い手としても活動していたことがあり、キャラクターソングなどのCDも多数発売している。『スタミュ』(TOKYO MXほか)で共演した岡本信彦から羨望の眼差しを向けられるほど、とにかく歌が上手い。

 そんな多才な花江は、2016年12月に“個人的な趣味チャンネル”として自身のYouTubeアカウントを開設し、2018年12月より本格的に動画を投稿し始める。現在は月曜、水曜、金曜と週3回更新しており(※休むこともある)、編集も花江本人がやっているという。チャンネル登録者数は79万人を突破(2019年12月12日現在)し、各分野で「面白い」と話題になっている注目のチャンネルだ。

 アップされているのは、ゲームの実況動画がメイン。小野賢章、江口拓也、斉藤壮馬、八代拓、安元洋貴ら有名声優を招いて一緒にゲームをプレイしていることもあり、声優ファンにとっては見逃せないコンテンツとなっている。加えて、動画だけでなく概要欄もまた思わず「ふふふっ」と笑ってしまうほど、癖があって面白い。そんな同チャンネルの魅力は、声優だからこその“聴き心地の良さ”だろう。聴きやすさはさることながら、花江をはじめとした彼らの“イケボ”実況は、まさに耳福。耳に対する幸福度が非常に高い。

 中でも人気が高いのが、【闇のゲーム】シリーズだ。UNO(小野)と江口をゲストに迎え、11月27日にシリーズ第一弾となる「【闇のゲーム】声優が全力で『UNO』をやるとこうなる」をアップすると、瞬く間に話題となり、再生回数が140万回を突破(2019年12月12日現在)。続く12月4日には、江口が到着する間に小野と戦ったという「【闇のゲーム】声優が全力で『スピード』をやるとこうなる」れ、12月11日には、闇のUNOから日を改めて、再び3人のデュエリスト(花江、江口、ナンジャ・オノケンショウ・モンジャ)が集ったという「【闇のゲーム】声優が全力で『ナンジャモンジャ』をやるとこうなる」を公開した。このシリーズの動画、とにかくコメントが秀逸でテンションが非常に高い。使用する言葉が終始、『遊☆戯☆王』の“デュエリスト風”に変換されており、同作をオマージュしたような白熱したバトルと会話が繰り広げられているのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!