『TikTok』運営のBytedance、なぜ音楽ストリーミングに着手? その理由を考えてみた

 TikTokを運営する中国のテクノロジー会社ByteDanceが、音楽ストリーミングサービスを始める可能性が高まっている。

 経済メディアのフィナンシャル・タイムズによれば、ByteDanceはオンデマンド型のストリーミングを実現するための準備を進めている。楽曲のグローバルライセンス契約に向けてメジャーレコード会社3社であるユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージックの交渉が進行中であるという。

 ByteDanceが音楽ストリーミングに参入するという情報は、今春にすでに報じられていたが、当時の情報では、ローンチ時期が早ければ2019年秋と言われていた。

 さらに状況を整理してみたい。特に、ByteDanceが、SpotifyやApple Music、Amazon Music、YouTube Musicなど、すでに世界各地で普及しているグローバル・サービスと、どのように差別化するかは焦点の一つだろう。

 ポイントの一つは、地域戦略にある。ByteDanceはストリーミングをインド、インドネシア、ブラジルといった、「今後音楽ストリーミングが普及すると見られる国」から先に始めると噂されており、これらの国で始めた後にアメリカに進出する計画だ。これはApple MusicやSpotifyがアメリカでの普及促進を戦略の一つに置いたのとは大きく異なる方向転換だ。ちなみにアメリカは世界最大の音楽マーケットであり、その中でもストリーミングのビジネスが音楽売上全体の80%を占めている。その一方では、サービスが数多く存在するため、ユーザー獲得が激化している国でもある。

 すでにByteDanceは東京、ロサンゼルス、ロンドン、ソウル、上海、シンガポール、ムンバイ、ジャカルタなどにオフィスを構えているが、これも戦略拠点として機能させていく狙いがあるのだろう。

 また、情報によれば、ByteDanceはストリーミングサービスを月額9.99ドルで提供するという。世界でこの価格帯が統一されるかどうかは未定だ。

 では、なぜByteDanceがいま、音楽ストリーミングを始めるのだろうか?

 その理由として考えられるのは、世界の音楽業界からのプレッシャーだろう。世界の音楽市場は今、ストリーミング・ビジネスが普及し、配信向きなアーティストたちやソングライター、作品が増加したことで、アメリカやヨーロッパの国々では音楽市場の主な収益源がストリーミングに変わりプラス成長を実現。レコード会社は、ストリーミングからのマネタイズを更に加速させたいという強気の姿勢で、将来を見ている。

 ByteDanceが目指すのはインドやブラジルなど、今後ストリーミングの伸びしろが期待できる国。だからこそ、アーティストの海外展開と新規市場への参入が実現でき、ビジネスを拡大できる。すでに飽和状態にあるアメリカやヨーロッパだけでは、新人アーティストの育成やヒットアーティストの成功、長期的な成長は厳しくなるとの見通しがあることも、背景として大きい。ByteDanceのストリーミングは、音楽業界に新しい収益源を与えてくれるはずだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる