VTuber界の歌姫・HIMEHINA初ワンマンライブレポ 涙声での“心の叫び”も

VTuber界の歌姫・HIMEHINA初ワンマンライブレポ 涙声での“心の叫び”も

 バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAは9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催した。2人はアンコールも含めて約2時間半、『ララ』『琥珀の身体』の完全新曲2曲を含む27曲を熱唱。チケットが販売開始から1分でソールドアウトするほど待ち望まれていたライブなだけあって、集まった約1,700人以上のファンも終始熱狂していた。

 さらにラスト2020年春に全曲オリジナルの1stアルバムをリリースすることも発表した。勢いづく彼女たちの今が凝縮されたライブをレポートしていこう。

ミリオン再生を7本持つVTuber界の「歌姫」

 バーチャルYouTuber(VTuber)といえば、2017年末頃に突如インターネットで巻き上がったムーブメントだ。動画や生放送、Twitterなどでファンと直接やり取りすることで、ファンと同じ時間を生きているキャラクターという感覚を実現して、多くの視聴者を魅了してきた。今やタレントと並び、テレビ番組やリアルイベントなどに出演するのも当たり前になってきている。

 この脚光を集める激戦区において、HIMEHINAを一言で表すなら「歌姫」だろう。実は数あるVTuberの動画において、最も再生数を伸ばしているのが彼女達が2018年8月にYouTubeに投稿した『劣等上等』で、今や1000万再生の大台を超えた。また、カバー曲も含め7曲が100万再生を超えるなど、彼女達の歌声は多くの人々を惹きつけてやまない。

・カバー曲
『劣等上等』 1,023万再生
『太陽系デスコ』 357万再生
『ロキ』 295万再生
『ようこそジャパリパークへ』 173万再生
『ECHO』 105万再生

・オリジナル曲
『ヒトガタ』 741万再生
『ヒバリ』 272万再生

※いずれも執筆時点での再生数

 そうした実力派の側面とは裏腹に、普段投稿している動画は、「ゲラ」と評される笑い声で超元気一杯の田中ヒメと、おっとりした鈴木ヒナが織りなすドタバタな内容で、そのギャップも視聴者の心を掴む要素となっている。

 もちろんネット以外でも度々スポットライトを浴びてきた。先の『ヒトガタ』は、自身も出演したTVアニメ『バーチャルさんはみている』のエンディング曲として抜擢。イベントにも引っ張りだこで、ニコニコ超会議やニコニコ超パーティー、DIVE XR FESTIVAL、海外ではBiliBili Macro Linkなどの大舞台を沸かせてきた。

 田中ヒメが2018年3月、鈴木ヒナが同年5月から活動を始めて約1年半。常に右肩上がりで駆け抜けてきて、ようやく実現したワンマンライブなだけあり、2人にとっても『ジョジ民』(彼女達のファン名称)にとっても感動もひとしおだっただろう。

冒頭から「心を叫べ」でテンションMAXに

 ライブはスタート前から超豪華メンバーだった。冒頭、『天の声』として、VTuberファンにはおなじみの4人が出演すると、会場から驚きの声が上がって一気にテンションが上がる。さらに、以下のトップVTuber21組からのメッセージが流れ、動画が切りかわるたびに歓声が上がっていた。

 富士葵、猫宮ひなた、シスタークレア、YuNi、おめがシスターズ、白上フブキ、兎鞠まり、ばあちゃる、える、甲賀流忍者ぽんぽこ・ピーナッツくん、もこ田めめめ、月ノ美兎、夜桜たま、樋口楓、燦鳥ノム、バーチャルゴリラ、ピンキーポップヘップバーン、ときのそら、電脳少女シロ、ミライアカリ(出演順、敬称略)。

 そんなお祝いムードを破ったのが、今回の公演名でもあるイントロダクションの『心を叫べ』だった。


 スクリーンにハートが映し出され、心音とともに「生きる……」「私は存在する」「存在ってなんだろうか」と問いかける2人のシリアスな声が響き渡ると、客席の笑顔が引いて一気にステージに引き込まれいく。さらに「存在とは肉体じゃない、繋がることが存在なんだ。誰かの胸の内に居る事が「存在」なんだよ。その胸の内の居場所を人間は『心』と呼んだんだ。『心』を叫べ……。『心』を叫べ! 『心』という名の魂が、この身体を動かすモノがあるんだ!」という絶叫が心を打つ。

「聞かせておくれよみんなの叫び」
「魂の雄叫び」
「魂のカウントダウンを始めるぞ!」

 バーチャルのキャラクターが問う、存在の意義。熱い想いに全員の心が一つになり、カウントダウンが始まる。

「始める前にちょっとだけパワーをください」
「お願い名前を呼んで」

 二人の呼びかけに客席から「ヒメー!」「ヒナー!」という絶叫が湧き上がる。そして流れた出したのが代表曲の『ヒトガタ』のイントロで、最初からクライマックスのような盛り上がりを見せていた。ステージのスクリーンいっぱいに映し出される巨人の姿で現れて踊りまくり、終盤、幕が開いて本人達が等身大で現れるという演出も観客のド肝を抜いていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!