佐藤健も「新しい時代に突入」とワクワク ドコモが5Gプレサービスを発表

佐藤健も「新しい時代に突入」とワクワク ドコモが5Gプレサービスを発表

 株式会社NTTドコモが、本日9月18日にベルサール汐留にて「NTT ドコモ 5Gプレサービス発表会『5G OPEN DAY』」を開催した。

 ドコモは、2019年9月20日より次世代通信サービス「5G」のプレサービス、2020年春から5Gの商用サービスをスタートする。それに伴い、NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏から、ドコモの5G構想と戦略が発表された。

NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏

 5Gプレサービスにおいて、ドコモが掲げるキーワードは「5G OPEN」「すべての可能性が、ひらかれる」。5Gが新しい世界や社会への扉をひらくものと捉え、スポーツ、音楽、ゲーム、観光などにおける新たな体験、社会的課題を解決するソリューションをパートナーとともに共創していく。

 吉澤氏はプレサービスにあたり、9月20日を「本格的に5Gを開始する日と位置付けています。本サービスと同じ環境をみなさまにご体験することが可能となります」と明言し、「実は5Gサービスはあの日から始まっていたよね、って思っていただけるような密度の濃い期間にしていきたい」とビジネス創出を本格的に開始する2020年春までのサービス期間について熱い期待を寄せた。

 ドコモは、5G時代の新たな取り組みとして「マイネットワーク構想」を提唱している。マイネットワーク構想とは、5Gの「高速・大容量」「低遅延」「多数接続」という特徴を十分に活用し、スマートフォン単体だけでなく、XRデバイスなどの多彩な周辺デバイスと5G時代のサービスやソリューションと連携させて、ユーザーに新しい体験を提供するという構想だ。

 吉澤氏はマイネットワーク構想によって、「スマートフォンの在り方が変わる」と断言しており、「リアルとバーチャルの融合」(MRデバイス)、「VR視聴」(VRデバイス)、「高精細画像アップロード」(スチールカメラ)、「高精細映像アップロード」(ウェアブルカメラ)、「AR遠隔支援」(AR)、などスマートフォンをハブとした周辺デバイスとサービス・ソリューションとの連携を目指していく。

 マイネットワーク構想の取組みの1つとして、ドコモは2019年4月に空間コンピューティングを利用した複合現実(MR)領域の取組みを強化するため、Magic Leap社と資本・業務提携について合意。MRは高臨場感のあるデジタル体験や、リアルとデジタルが融合したインタラクティブなサービスなど、これまでにない新たな付加価値を提供することが可能となる技術であり、今後、大きな成長が見込まれる領域のこと。

 ドコモは最先端の空間コンピューティング技術を有するMagic Leap社との提携を通じ、MRの技術と5Gの持つ「高速・大容量」「低遅延」といった特徴や、dアカウントを始めとしたドコモのアセットとの連携を行うことで、日本国内における空間コンピューティングを利用したMRサービスの創出と市場の拡大を目指していく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!