>  > 平成を振り返る“ドコモ絵文字”がLINEに登場

ガラケー世代必見、平成を振り返る“ドコモ絵文字”がLINEに登場

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE株式会社は、「LINE」トーク上で様々なキャラクターの絵文字が楽しめる「LINE絵文字」より、全242種類の懐かしい絵文字が楽しめる「ドコモ絵文字」を本日より販売開始した。

 「LINE」では、2018年4月より人気キャラクターが絵文字になった「LINE絵文字」を展開し、LINEスタンプだけでなく、テキスト上でも「楽しい!」、「悲しい・・」、「元気?」などの感情が相手に伝わる機能として、多くのユーザーが利用している。2018年11月にはオリジナルのLINE絵文字が作れる「LINEクリエイターズ絵文字」も登場し、現在では1000種類以上の「LINE絵文字」を展開中だ。

 今回の「ドコモ絵文字」では、1999年に株式会社NTTドコモから、iモード®コンテンツとともに開発された絵文字を採用。ガラケー世代には懐かしい、「わーい(嬉しい顔)」や「グッド」、「猫」など全242種類ラインナップを楽しむことができる。

■ドコモ絵文字 概要 
提供開始日:2019年4月16日
販売価格:240 円(税込)または 100 コイン
販売場所:「LINE」アプリ内スタンプショップ
販売 URL:https://line.me/S/emoji/?id=5c9477f1100cc35a06141ff3
画像:©NTT DOCOMO, INC.

 

「ガラケー世代必見、平成を振り返る“ドコモ絵文字”がLINEに登場」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版