ゲーム実況者・キヨ、話題の『anan』特集について語る 重版決定も「俺がすごいわけじゃない」

 さらに、約50年の歴史を持つ『anan』において史上5度目となる重版が決定したことに触れ、フジからは「お前すごいな!」とキヨの功績を称えると、キヨは「俺がすごいわけじゃない」と一蹴。キヨが『anan』に掲載されることが発表されてから、Twitterのトレンドには「キヨanan」が入るなど大きな話題となっていたが、あくまでも今回の重版の要因は自分にはないと断言するキヨの謙虚な姿勢に、表紙を飾ったアイドルのファンからも称賛や感謝のコメントが多数寄せられていた。

 これまで明るくお調子者なキャラクターで視聴者を楽しませてきたキヨ。今回の『anan』デビューに際してメンバーのフジを始め、視聴者からも大いにイジられてきたが、キヨは「何より多くの人に見られ、楽しんでもらえることが嬉しいこと」だと語っていた。なかなかない晴れ舞台も、「どうぞイジってください」とばかりにネタにして、ファンと一緒になって楽しんでいる様子。『anan』に掲載された写真はクールなものだったが、この人懐っこさ、親しみやすさが、キヨの魅力なのだと再確認できる動画だった。

■川崎龍也
音楽を中心に幅広く執筆しているフリーライター。YouTubeを観ることが日課です。Twitter:@ryuya_s04



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる