『ラピライ』単独イベントがVR・ホログラフで見せた、輝かしい“オルケストラ”の世界

 “魔法×アイドル”をテーマにしたメディアミックスプロジェクト『ラピスリライツ 〜この世界のアイドルは魔法が使える〜』(以下、ラピライ)の単独イベント『私たちのPrelude』が、8月18日に神奈川・DMM VR THEATER YOKOHAMAで開催された。キャスト20名が出演、各ユニットの楽曲全9曲を披露したオルケストラ(ライブ)は、VRやホログラフの技術を駆使した演出で彩られ、そのキラキラ感はまさしく魔法。個性豊かなキャラクターと、ラピライの世界が表現されたオルケストラでファンを魅了した。

6ユニットがVRの魔法で楽曲を披露

 「きゃっるる〜ん♪」「ハロハロー★」との決めゼリフで会場を沸かせたデュオの“Sadistic★Candy”。アッパーでキャッチーなサビメロがクセになるハイテンションナンバー「Are many chance!!!」が繰り出されると、2人の周りにはキャンディがデザインされたポップなグラフィックが映し出される。まるでMVの中に紛れ込んでしまったような感覚が広がった。

 “この花は乙女”は、三姉妹の和テイスト・ロックユニット。「命短し、撩乱乙女」はアッパーのロックチューンで、バンドサウンドに混じって三味線や鼓の音がミックスされているのがポイント。着物をアレンジした衣装も艶やかで、扇子を使ったパフォーマンスでも魅せる。和の雰囲気たっぷりの映像に、3人の名前に由来した花びらや葉がパッと舞い散る演出がステージを華やかに彩った。

 “シュガーポケッツ”は、「シャノワール」を披露した。「みんなのハートを盗んであげる!」という決めゼリフで始まったパフォーマンスは、実にキュート。ポップなサウンドに合わせてかわいらしい歌声を聴かせ、手描き風イラストがステージを彩る。彼女たちの動きに合わせてハートマークが浮かび上がる演出もあり、最後は猫のポーズでキメると会場は大歓声に沸いた。

 亜人の4人組“IV KLORE”は、ゴシックな世界観で観客を魅了した。彼女たちが歌う「禁忌の寓話(メルヘン)」は、耽美と退廃が交錯するヨーロピアンなサウンドで、歌謡曲的なキャッチーさを持ったサビメロが秀逸。洋館、月、時計や歯車、鎖といったモチーフの映像がパフォーマンスを引き立て、4人の動きに合わせて薔薇が舞い散る演出は見応えがあった。

 セクシーさのあるダンスとボーカルで、魅せて聴かせた“supernova”。「RISE」はEDMナンバーで、四つ打ちのビートにエスニックなシンセのフレーズが鳴り響く。R&B調のメロディがエモーショナルで、それに合わせて繰り広げられていくダンスが実にテクニカル。他のユニットにはないクールさで、ファンを魅了した。

 最後に王道アイドルユニットの5人組“LiGHTs”が登場。「Your Lights」は、弱さを抱えながら前に進むポジティブソングで、5人の個性的な歌声とハーモニーを聴かせる。〈Yeah!〉という合いの手は、客席も一緒に歌って会場が1つになった。手の動きに合わせて軌跡を描く、5色の光に観客は見入ってステージに没入した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!