日向坂46メンバーも『フォートナイト』の熱戦に興奮 高校生eスポーツ大会『STAGE:0』レポート

日向坂46メンバーも『フォートナイト』の熱戦に興奮 高校生eスポーツ大会『STAGE:0』レポート

 高校生eスポーツ大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019』が8月14日、15日に舞浜アンフィシアターで開催された。

 『STAGE:0』は、eスポーツ競技の発展と世界で活躍する日本人選手の輩出を目指し、本年からスタートした国内最大級のeスポーツ高校生大会。第1回大会となる今年のエントリー総数は、『クラッシュ・ロワイヤル』『フォートナイト』『リーグ・オブ・レジェンド』3部門を合わして、全1475校、1780チーム、4716名となる。本記事では14日に行われた『フォートナイト』決勝大会をレポートするほか、当日囲み取材に応じた日向坂46メンバーのコメントもお届けする。

 6月より順次開催された全国7ブロックでの代表決定戦の末、『フォートナイト』決勝大会に進出したのは44チーム。会場には『STAGE:0』の大会アンバサダーを務めるアンガールズ・田中卓志、みちょぱこと池田美優、大会スペシャルサポーターのアルコ&ピース・平子祐希、酒井健太、大会応援マネージャーの日向坂46から佐々木久美、金村美玖、富田鈴花、丹生明里、松田好花、渡邉美穂、スペシャルゲストには三代目 J SOUL BROTHERSのELLY/CrazyBoy、解説ゲストにはリテイルローのおじさん、プロゲーミングチーム「CRAZY RACCOON」からねこくん!が登場した。


 田中は『フォートナイト』に登場する補給ラマに乗って、みちょぱと共に姿を現した。「これすごい可愛い! 『フォートナイト』やってたらぶち壊したくなる」という田中のゲームネタに、酒井が「ダメです! お金かかってますから」と制止。田中とみちょぱは『有吉ぃぃeeeee!』、アルコ&ピースは『勇者ああああ』とそれぞれテレビ東京のゲーム番組に出演している関係性。「アンガールズの田中か、小林幸子か」と平子からせり上がりによるド派手な登場演出をいじられると、「『有吉ぃぃeeeee!』のオープニングとは違うね」と街角でローカルトークからスタートする番組に触れながら、「今日はいつもと違うモードで頑張りたいと思います」と意欲を燃やした。


 日向坂46は、関東予選にも登場し、テレビ東京公式ゲームYouTubeチャンネルにて「日向坂46、100時間ゲームやり込みます!」企画として『フォートナイト』の実況プレイにも挑戦している。田中の配信にもゲストとして出演しており、佐々木がコメントする様子をじっくり見ていた他田中は「キャプテンらしいこと言うね。(メンバーの顔を)俺もだんだん覚えてきた」とゲームを通じて仲が深まっている様子だった。

 決勝大会の3ラウンドには田中、みちょぱのほか、ELLY、日向坂46メンバーも実況席にて選手のプレイを見守った。「日向坂46、100時間ゲームやり込みます!」の配信でも一人抜きん出た実力を見せていた渡邉美穂は、高校生らのプレイに感化されたのか大会を見ながら自身も楽屋で『フォートナイト』をやっていたとのことで、日向坂46全員で100時間のプレイを目指す企画に、すでに一人で80時間やっていることを明かすと、実況席一同が驚愕。田中も「俺もそこまでやってないかもしれない」とコメントすると、渡邉は「ビクロイ(ビクトリーロイヤル)もしたことあります」と話し、さらに会場を驚かした。

 優勝には、1ラウンド、2ラウンドを制覇した千葉県立下総高等学校のチーム「とうもろこし畑」、準優勝には3ラウンドにてビクトリーロイヤルを成し遂げた群馬県桐生第一高等学校のチーム「初心者連動」が選ばれた。初代王者に輝いた「とうもろこし畑」から、大会中その強さにSNSをざわつかせていた「Liberta ぼくラグナ」は、今後の展望を聞かれ「プロチームを目指して頑張ります」と明言した。『STAGE:0』には2日間で累計2800人以上が来場、全ライブ配信の総視聴者数は約136万人を記録した。2020年夏には、早くも第2回『STAGE:0』の開催が決定している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!