>  > 伊沢拓司、世界最弱のオセロAIに挑む

「QuizKnock」伊沢拓司&須貝駿貴、世界最弱のオセロAIに“敗北”を目指して挑む!

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クイズバラエティ番組『東大王』(TBS系)で人気を博したクイズプレイヤー・伊沢拓司が8月4日、自身の運営するYouTubeチャンネル「QuizKnock」に、ネットで「負けたくても負けられない」と話題の世界最弱のオセロAIに挑戦する動画を投稿した。

 毎年恒例のクイズ大会及びクイズ番組『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)で史上初の個人連覇を達成した経歴を持つ伊沢をはじめとする「クイズマスター」たちが登場し、高難易度のクイズや有名中学の入試問題、Google社の入社試験などに挑んでいくYouTubeチャンネル兼WEBメディア「QuizKnock」。

 今回のフィーチャーされたのは、「世界最弱のオセロAI」。AI関連事業を展開する企業「AVILEN」が、「勝つ」ことではなく、「負ける」ことにこだわり抜いて開発したこのAIは、開発者の吉田拓真氏が「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートしたことでも話題になった。

 これまでの通算戦績は、1728勝・44万8538敗・73引き分け。勝率はなんと0.38%という抜群の勝負弱さを発揮している。そこで伊沢と東大博士過程のQuizKnockライター・須貝駿貴は、この最弱AIに「負けること」を目指して知恵を働かせていくことになった。

 はじめにチャレンジしたのは須貝。打ち立てた戦略は、通常有利とされる盤面の「端」を取らず、できるだけ真ん中に石を置いていくというシンプルなもの。さらに、かつて伊沢とオセロをした際に提唱された「相手の取れる場所を減らして、自分の取れる場所を増やす」という必勝の金言の逆、つまり「相手が取れる選択肢を多くすること」を心掛けて臨んでいくとも宣言した。

 ところが、そこは百戦錬磨の最弱AI。須貝の思惑とは裏腹に巧みな打ち筋によって、端へ端へと追い込まれていく。その見事な展開力に伊沢は思わず「うっわ!うまいし、下手!」「本当に、ここしかないような絶妙に下手なポイントに打ってくるな!」と脱帽した。一方の須貝は「なんでそんな不利になるように置くんだよ……!」と元も子もない嘆き節も。

 終わってみれば、須貝:53(黒) AI:11(白)で、42石の黒石で盤面を席巻した須貝の圧勝。そのカタキを取るべく、続いて伊沢が最弱AIと対局することに。基本的な攻略法は
「中央に石を置く」「相手の選択肢を減らす」という須貝と同じものだった。

      

「「QuizKnock」伊沢拓司&須貝駿貴、世界最弱のオセロAIに“敗北”を目指して挑む!」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版