>  > 『ゴッドタン』佐久間氏、カジサックにツッコミ

『ゴッドタン』手掛ける佐久間宣行、カジサックの“引退回避”にツッコミ「梶原は謎のルール作る」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ゴッドタン』などを手掛けるテレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行氏が、パーソナリティをつとめるラジオ『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』にて、YouTuber・カジサック(キングコング・梶原雄太)に言及する一幕があった。

 この日は「芸能界ではいろんなことが起こった」とし、小堺一機が空き巣に入られたことを紹介した佐久間氏。続けて「あと、これもあるよね」と話題に挙げたのは「『カジサック、YouTubeチャンネル登録者数100万人突破で芸人引退回避』」だった。

 佐久間氏はカジサックについて「YouTubeは全然いいんだけど、オメーが勝手に芸人引退するって言ってるだけだから。なんで芸人引退って自分で言って、自分でクリアして、自分で号泣してんの(笑)。梶原ってそういう謎のルール作るとこあるんだよね」と、梶原の独特な活動と自分ルールに言及した。

カジサック「100万人登録記念生配信!!」

 佐久間氏は過去にも同じようなエピソードがあったとし、「昔、『キンコンヒルズ』って番組を一緒にやってたときもそうだった」。『佐久間さん、俺ポンジュースしか飲まないんです』って、スポーツ番組なのにスポドリ(スポーツドリンク)も飲まないで。しかも、ポンジュースを飲んで動きのキレが悪くなるのよ。そういう謎の時期があった」と、凝り性で一度言ったことは曲げない梶原の姿勢は昔から変わらないものであることを明かし、「でも、100万人突破は嬉しいです。結婚式にも出てるくらい仲はいいしね」と、梶原を素直に祝福した。

 そのほかにも、うしろシティ金子学が『ヘヴィメタル編み物世界選手権』世界大会で優勝したことなどを受け、この日のメールテーマは「ちょっと心配です」に決まっていた。

(文=向原康太)

「『ゴッドタン』手掛ける佐久間宣行、カジサックの“引退回避”にツッコミ「梶原は謎のルール作る」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版