>  > カジサック『はねトび』時代のコンビ不仲を告白

カジサック、西野亮廣を恐れていた『はねトび』時代を告白 「バッチバチに仲悪かった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングコングの西野亮廣が6月29日、相方の梶原雄太(カジサック)が運営するYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に登場。その中で、2人がブレイクするきっかけになったバラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)に言及する一幕があった。

【登録者90万人記念】キングコング西野さんが部屋に来てくれました

 2001年から2012年まで放送されていた『はねるのトびら』。番組スタート当初、2人共に20歳だったことを振り返りつつ梶原は、先輩芸人に囲まれながら西野が進行役を担っていたことについて、「どう思ってた?」と問いかけた。

 すると西野は「その時はカジもいなかったと思うんだけど」と、番組が始まってすぐの頃のエピソードを披露。ある時、番組のトップから呼び出された西野は「真ん中でパスを回す役」に抜擢され、「この番組が盛り上がれば盛り上がるほど、『あいつ芸人のくせに面白くない』って国民の皆さんから言われるけど、その役になれるか?」と確認されたらしい。

 つまるところ「共演者の引き立て役」になるよう促されたわけだが、西野は「でも、おいしいと思ったな」と回顧。というのも「はねるのトびら」は、西野曰く「フジテレビが総力を挙げて次の大スターを作ると言い切っていた」というほどの一大プロジェクト。「ダウンタウンさんがいて、ナインティナインさんがいて、次をとにかく作るぞって1年間かけてフジテレビが全国でオーディションをして、全芸人がそのオーディションを受けたと思う」と言い、その芸人の中には、無名時代の品川庄司やおぎやはぎ、フットボールアワーもいたという。「『5組選ばれる芸人の中でメインは誰取んねん?』ってあの当時、すべての芸人がそこに注目していた」と西野は続け、「それが『お前やぞ』って言われたわけだから、乗ろうかって思ったね」と振り返った。

 この話を受けて梶原は「あの時、めっちゃ怖かったからな」と相方に恐怖を覚えていたことを告白しつつ、「今日は全部話すけど、はねトび始まって1年目くらいかな。バッチバチに仲悪かった!」とコンビの不仲を暴露した。

 その原因を「俺よ、結局」と回想する梶原。なんでも当時の梶原は、ロバートの秋山竜次、インパルスの板倉俊之、ドランクドラゴンの塚地武雅、北陽の虻川美穂子と、才能豊かなボケ担当の先輩芸人に圧倒されて縮こまっていたらしい。それに腹を据えかねた西野が「前出ろや! お前!」と激怒し、それに対して梶原は「何がやねん!」と逆ギレした挙句、「それやったらお前も俺をもっと面白くしたらええやん!」と情けない言い訳をしていたのだとか。

      

「カジサック、西野亮廣を恐れていた『はねトび』時代を告白 「バッチバチに仲悪かった」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版