>  > ヒカル、日本一好きな俳優・藤原竜也と対面

YouTuberヒカル、日本一好きな俳優・藤原竜也と対面し愛が爆発 LINE交換&動画出演の約束も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのヒカルが77日、『映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました』と題した動画を公開した。

 内容はタイトル通り、サスペンス映画『Diner ダイナー』の公開に際し、主演の藤原竜也と監督の蜷川実花にインタビューを敢行する、というもの。普段は基本的に何事にも動じず、王様のように振る舞うヒカルだが、この日はガチガチに緊張していた。それは、ヒカルは以前から藤原竜也が「日本一好きな俳優」と公言しており、子供のころから憧れの存在だったからだ。

 舞台挨拶の楽屋でふたりに花束を渡したあと、移動中のロケバスでインタビューをすることに。緊張でしどろもどろのヒカルに、藤原がさっそく「噛み噛みじゃないですか(笑)」とツッコみ、「ヒカルさんのために、僕も実花さんも何でも答えますよ」と雰囲気を和らげる。蜷川にも“ガチファン”であることが伝わったようで、「さっきからずっとチラ見しているの。カメラが回っていないときも、竜也のことチラッチラッって(笑)」と指摘されていた。なんと藤原から「今度YouTubeで、何か企画を一緒にやってくださいよ」と逆オファーを受け、ヒカルが「プライベートでも好きだと聞いたことがあって」と、『カイジ 人生逆転ゲーム』の主演も務めた藤原に、動画で人気を博しているギャンブル企画を提案する場面もあった。

 藤原の渋い声の秘密や、本作の役柄への思い、役作りの秘訣、休日の過ごし方など、ファン&インタビュアーとして、話を聞き出していくヒカル。しかし、どうしても「カッコよすぎる……」「全部完璧」などの言葉が口をついて出てきて、集中できない様子だ。「ロケバスに乗ったくらいで満足してしまった(笑)」と語りつつ、「親衛隊長として、藤原さんの作品が完成するたびに宣伝したい」と意気込むと、藤原も「そのたびに出させてくださいよ!」と応じていた。

 作品のリサーチのため、YouTuberに話を聞くこともあるという蜷川に比べて、藤原はあまり知識がないようだ。そこで、YouTubeで約330万というチャンネル登録者数を誇るヒカルにリスペクトを示しつつ、いろいろと質問をぶつける。ヒカルは「(自分はYouTubeで)ワーストの方でナンバーワン」と、過去の炎上騒動にも触れつつ、ふたりを楽しませる。藤原も「あんまり評判が悪いようだったら(動画出演を)やめます(笑)」として、ヒカルを笑わせていた。

 ロケバスが目的地に近づくなかで、ヒカルが冗談半分で「LINE交換」を持ちかけると、藤原は一拍置いたあと、「ヒカルさんのことを調べて、あんまり炎上するようだったらブロックします(笑)」と冗談を交えながら、気さくにこれに応じるという場面も。ヒカルは「自分からLINEすることはないし、ブロックされても気づかないので大丈夫です!」と喜んでいた。

      

「YouTuberヒカル、日本一好きな俳優・藤原竜也と対面し愛が爆発 LINE交換&動画出演の約束も」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版