>  > キンコン西野、闇営業問題に物申す

キングコング西野亮廣、芸人の“闇営業問題”に物申す 「芸人がアホ過ぎんねん!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビのキングコング(西野亮廣、梶原雄太)が6月16日、YouTubeチャンネル「毎週キングコング」で、「闇営業について語ります」と題した動画を公開した。

闇営業について語ります

 近頃世間を騒がせる「闇営業」。騒動の原因となったタレントが所属する吉本興業の一員として他人事ではないと感じたのか、梶原が「この1週間いろいろあったじゃないですか。これは触れざるを得ないことやと思うんですけど」と切り出したのをきっかけに、キングコングの2人もこの問題について持論を展開することになった。

 梶原が「難しいよな」と続け、「闇営業、いわゆる直の営業ということなんですけど、どっからそうなんの?」と問題提起。すると西野も「ほんまにそう」と同調し、「まずは『闇営業』という言葉をちゃんと整理しなければならない」と私見を述べた。西野は昨今のニュースの影響で、世間的に「闇営業」と「闇社会」と「直営業」がごっちゃになっていると指摘したうえで、「個人事業主がお金を払いたいっていう人からお金をもらって働いているだけで、なんも悪くない」と話した。

 さらに、西野は「そんなに闇営業したいんだったら、クラウドファンディングすりゃいいのに!」と力説。続けて、「たとえば、梶原さんがどっかの社長さんに『結婚式の司会を100万円でやってほしい』と言われたとして、これを直接受けてしまったらアウトでしょ?」と前置きしつつ、「でも、梶原さんが何らかのクラウドファンディングを立ち上げて、そのリターンで結婚式の司会やります、っていうことでその社長に支援してもらったら合法的に……」と言いかけたところで、梶原は深くうなずきながら「天才じゃない!?」と相方を称賛した。

      

「キングコング西野亮廣、芸人の“闇営業問題”に物申す 「芸人がアホ過ぎんねん!」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版