ヒカルと相馬トランジスタが昨今のYouTube事情を語る「kemioはダントツでスター性がある」

 YouTuber・相馬トランジスタ、ヒカル、まえすの3人がチャレンジした「24時間タクシー生活」の未公開シーンがヒカルのサブチャンネルにアップされた。YouTuberの中で誰が一番スター性があるのかと相馬とヒカルが語り合う内容となっている。

 相馬は以前、原宿の占い師に「永遠のバイプレイヤーだ」と占われたこともあり、自身の生い立ち含め、ずっと底辺だと語った。その点、へきほーは主役になれる可能性があるため、一緒に活動していると言う相馬。

 そんな相馬がこれまで出会ったYouTuberの中でスター性がある人が1人いることを明かす。それはマホト、東海オンエアのてつやでもなく、なんとkemioだという。初めて会った時のオーラも違い、動作のひとつひとつ全てに華があると語る。エッセイ本も増刷が決まり、JC・JK流行語大賞にも「あげみざわ」や「どこまで行っても渋谷は日本の東京」などがノミネートするkemio。相馬が「ダントツ」と言うのも納得だ。

 そして話はさらにヒートアップ。相馬の中には、はっきりとした「主役・脇役論」があることを明かし、「YouTube界の中でヒカキン、マホト、はじめしゃちょーはやはり主役になれる要素がある。」「でもヒカキンがもしグループ系のYouTuberだったらその中で主役になっていたのかはわからない」など、長年YouTube活動を続けてきたからこその分析を聞くことができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!