>  > 乃木坂46和田まあや、4期生の振入をサポート

乃木坂46和田まあや、4期生の振り入れをサポート「たくさん覚えなきゃいけなくて、大変だと思うから」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。5月21日の配信には、 和田まあやが登場した。

 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した伊藤かりんが用意した宿題は「私への気持ちを英語で話してね」というものだった。この宿題を受けて和田は「う~ん……」と少し悩んだのちに、「かりん is 和田アキ子! You beautiful sing voice Big voice!」と一言。どうやら、歌が上手で声が大きく、メンバーから「乃木坂の和田アキ子」だと形容されていることを表現したらしい。さらに「I cry 卒業寂しい」と、5月24日に横浜アリーナで行われるアンダーライブをもって乃木坂としての全活動を終える伊藤との別れを惜しんでいた。

 続いて、最新シングル『Sing Out!』の話題に。和田はアンダー楽曲「滑走路」に参加しており、同曲のMVに少しだけ映る「走るシーン」について言及。そのうえで「全力で走り過ぎてすごいこけちゃって、その時の傷がね、ここと、ここと、ここと……」と手に刻まれた計4個の傷をカメラに見せ「全部残っちゃったの~。でも、これは思い出だと思ってる!」と明るく話していた。

 また、MVの撮影時には、ロケ先の熱海にて空き時間にアンダーメンバーで現地の神社へお参りに行ったり、地のものを使った美味しい料理を食べたりしたらしく「撮影を楽しみつつ、みんなとワイワイもしました!」とうれしそうに振り返った。

      

「乃木坂46和田まあや、4期生の振り入れをサポート「たくさん覚えなきゃいけなくて、大変だと思うから」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版