>  > みうらじゅんがYouTubeチャンネル開設

みうらじゅんがYouTubeチャンネル開設 動画第一弾「思い出のインターネット」が名曲だった

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みうらじゅんが5月11日、自身のYouTubeチャンネル「みうチューバー」を新たに開設し、記念すべき動画初投稿を行った。

 タレントとしてだけでなく、イラストレーター、漫画家、小説家、エッセイストなど、マルチに活躍するみうら。その多様な表現活動の中には、「ミュージシャン」も含まれている。しかし、その音楽活動の詳細は一般的にあまり知られておらず、中には埋もれてしまっている楽曲も少なくない。そこで発足したのが、YouTubeチャンネル「みうチューバー」だ。

 同チャンネルは、みうらが制作に関わった楽曲の中から、発表当時に話題にならず、YouTubeにも上がっていない貴重な音源を紹介していくというもの。記念すべき第1回目に紹介されたのは、1999年に発表された「思い出のインターネット」という楽曲だった。

01 思い出のインターネット(1999年制作) /作詞・作曲:みうらじゅん

 1999年といえば、「Windows95」リリースの4年後で、「iMac」発売の1年後、電子メールをテーマにしたラブロマンス映画「ユー・ガット・メール」の日本公開と同時期に当たる。インターネットが市井に普及し始めたばかりの「ネット黎明期」といって差し支えないタイミングだ。

 そんな時期に誕生した「思い出のインターネット」は、当時パソコンを触ったこともなかったみうらが、耳にしたIT用語の語感だけを頼りにイメージを膨らませて制作したという楽曲。同曲は「いずれインターネットも『思い出』になるだろう」という着想のもと、ITを中心とした機械文明がそのうち滅亡して、また土の臭いのする荒野に戻っていくはずという、楳図かずおの『漂流教室』的近未来観を下敷きにした、荒野を往く陽気なカントリーソングになっている。

 なお、「マイブーム」「クソゲー」「ゆるキャラ」の生みの親で、新たな価値観を世に訴えかけるのは得意なみうらだが、世の中の潮流に乗っかるのは決して得意ではない。そのため「思い出のインターネット」では、IT用語を理解していないし、理解しようともしていない、開き直ったかのようにズレた認識のもと、頓珍漢な「みうら流IT用語の解釈・1999年 Ver」が随所に散りばめられている。

      

「みうらじゅんがYouTubeチャンネル開設 動画第一弾「思い出のインターネット」が名曲だった」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版