>  > ジャルジャルのYouTubeチャンネルが1億回再生

ジャルジャルのYouTubeチャンネルが1億回再生突破! 記念の「本気ネタ」が公開中

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が5月11日、YouTube公式チャンネル「JARU JARU TOWER」の総再生回数1億回突破を記念して、「1億回記念! 本気ネタ」と銘打ったショートコント動画を公開した。

1億回記念!本気ネタ!『押しドア、引きドア、間違える奴』【JARUJARUTOWER】

 「JARU JARU TOWER」は、ジャルジャルのショートコントシリーズ「○○な奴」が、毎日1本配信されるチャンネル。2018年2月14日に公開された「変なストリートミュージシャン来ると思ってた変な奴」から、5月15日時点の最新作「南っていう奴~しりとり~」まで、合計600本以上の動画がアップロードされている。なお、ジャルジャルには8000本の持ちネタがあるらしく、そのすべてが公開されるのはまだまだ先で、2039年11月8日になるという。「TOWER」の完成は果てしなく遠く、その分、ネタ切れの心配は必要なさそうだ。

 さて、多種多様な「○○な奴」動画の中で、とりわけ再生回数1億回に大きく寄与した動画の一つといえば、「M-1決勝でやったネタ 国名分けっこやる奴」だろう。ジャルジャルが2018年『M-1グランプリ』決勝の舞台で披露したこのネタは、オリジナルの遊び「国名分けっこ」を繰り広げるというもの。福徳が「アメ」といえば後藤が「リカ」、福徳が「イギ」といえば後藤が「リス」、福徳が「中」といえば後藤が「国」というように、福徳が言った半分だけの国名を、後藤が補完するという遊びだ。

 ネタにおける笑いのギアが上がるポイントは、最初、万遍なく様々な国名を言っていた福徳が、途中から同じ言葉だけを連呼するところ。福徳が「イン」といえば、後藤は「ドネシア」と言い、その後も、福徳が「イン」、後藤が「ドネシア」、福徳が「イン」、後藤が「ドネシア」と繰り返し、堪らず後藤が「インドネシア、多いな!」とツッコむという流れになっている。

 この「国名分けっこやる奴」は5月15日時点で229万3658回と、お笑い動画としては驚異的な再生回数を記録。また、多くのユーザーにとって「JARU JARU TOWER」を知るきっかけになったとも考えられ、再生回数を伸ばす一助になったことは想像に難くない。

      

「ジャルジャルのYouTubeチャンネルが1億回再生突破! 記念の「本気ネタ」が公開中」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版