デビューから4年、トップYouTuberヒカルの“ゲーム実況時代”を振り返る

 2019年2月7日、YouTuberヒカルのメインチャンネルに「あれから4年……田舎でゲーム実況からスタートした僕たち3人もこんな場所で今は撮影しています」という動画が投稿された。

 動画の概要は、ヒカル氏・まえす氏・名人氏の3人がこれまでのYouTuberとしての軌跡を鍋を食べながら振り返るというもの。

 しかし、肝心の動画は30分のうち大半が鍋を作って食べることと、まえす氏へのいじりに費やされており、意外にも過去の動画の振り返りはあっさり終わってしまった。

 そこで、この記事ではヒカル氏が過去に投稿した動画をピックアップしながらYouTuberヒカルのこれまでの軌跡を振り返ってみよう。

あれから4年…田舎でゲーム実況からスタートした僕たち3人もこんな場所で今は撮影しています

はじめての動画は“直撮りでピンボケ”

 ヒカル氏が現在のメインチャンネルで活動するより前に運用していたのが、ゲーム実況チャンネル“Hikaru Games”。Hikaru Gamesに現在残っている動画の中で最古の動画は、「パワプロ2013 SRチケットでガチャ引いてみた!Part1 – ダイジョーブ博士狙ってます」というタイトルの動画だ。

パワプロ2013 SRチケットでガチャ引いてみた!Part1 – ダイジョーブ博士狙ってます

 1分半もない短い動画だが、ゲーム画面をカメラで直撮りしているだけでなく途中ピントが合っておらず全く画面が見えない部分もあり、正直なところ荒削りさが隠せない。

 このように初期のヒカル氏の動画は無編集かつ直撮りと特に洗練されてはいないが、とにかく数を打っているのが特徴だ。

 その特徴がよく出ているのがヒカル氏も最初のブレイクのきっかけになったと語る、『ドラゴンクエストモンスターズ イルとルカの不思議なふしぎな鍵』の実況動画だ。

ブレイクのきっかけになった『イルルカ』実況とヒカルの“執念”

 2014年2月6日、今からちょうど4年前に投稿された『ドラゴンクエストモンスターズ イルとルカの不思議なふしぎな鍵』の動画は、やはり3DSの画面をカメラで直接撮影した映像で、編集も行われていない。

 ただ、この『イルルカ』実況はその後長大なシリーズもの動画となり、最終的にpart400に迫る長寿企画となった。

ドラゴンクエストモンスターズ2 3DS イルとルカの不思議なふしぎな鍵を実況プレイ!part1 新機能のモントナー作成してみた!

 他にも『ダークソウル2』の実況動画もpart100超えと、編集を行っていないからこそ可能なハイペースで、日々大量の動画を投稿するのが初期のヒカル氏のスタイルだった。

 しかし、いくら無編集とはいえ、1日に複数本の動画を毎日アップし続けるのは並大抵のモチベーションでは行えないだろう。4年前の動画からもヒカル氏の”YouTubeでトップを取る”という向上心が感じられる。

編集とサムネにこだわり、洗練されはじめる『マリオメーカー』実況

 Hikaru Gamesに編集がなされた動画がアップされはじめたのが、ちょうど『マリオメーカー』の実況動画がアップされはじめたタイミングだ。

 ゲーム画面もキャプチャーされた見やすいものになり、サムネイルも目を引くビジュアルで作りこまれている。

【マリオメーカー#1】騒げ!笑え!4人でマリオ。【10人マリオ編】

 『マリオメーカー』実況もこれまでのヒカル氏の実況動画と同じく、短期間に大量の動画がアップロードされており500part以上もの動画がチャンネルにアップロードされている。

 ちなみに、マリオメーカー動画の実況はヒカル氏を含めた複数人でプレイしている賑やかな動画が多いが、この時点でヒカル氏・まえす氏・名人氏という固定メンバーが既に固まっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!