>  > 『有吉ぃぃeeeee!』スマブラSP&鉄拳回解説

『有吉ぃぃeeeee!』アンガ田中のプレイ光る『スマブラSP』回復習&最新回『鉄拳7』予習

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーム作品のオンラインプレイを通して全国の猛者と対決する『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)は、今話題のeスポーツをメインテーマに捉えたテレビ番組だ。メインMCを務める有吉弘行をはじめ、アンガールズの田中卓志やタカアンドトシらがゲストの自宅を訪れ、個性豊かなゲーム作品を賑やかにプレイする。

 本稿では、最新回で取り上げられた『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の配信オリジナル動画、そして2月10日(日)放送回のメインゲーム『鉄拳7』について解説する。

相手を寄せ付けないプレイングを披露した田中

【#13③/※65時間練習の賜物】ガチゲーマー田中がスマブラSPで急成長!まさかの圧勝?!「有吉ぃぃeeeee!(配信オリジナル)」

 この動画の見どころは、ずばり「田中の相手を寄せ付けない巧みなプレイング」。動画序盤、「配信やってた田中から」と発言したトシや周囲の意向もあってか、本作の総プレイタイムが65時間を超える田中がオンライン対戦へ挑む。

 残機2のストックバトル方式を採用し、フィールドにシンプルな地形の「戦場」が選ばれたところで試合スタート。田中の「ルキナ」と相手プレイヤーの「ロイ」は剣を扱う同じタイプのキャラクターで、移動スピードも比較的速め。両者ともにリーチの長さと素早さを活かした戦いを披露し、観戦していた有吉も「やっぱ(試合の展開が)速いなー!」と声をあげる。

 開始20秒、場外へ追いやったロイを復帰させまいと田中が空中攻撃を連続で浴びせる。ゲーム画面内で丁寧な攻めを見せる田中の一方、モニターの外では「確実に。相手の攻撃を受けずに(こちらは)攻撃する」とアドバイスするタカに対し、「いいセコンドがいるな!」と有吉が返して笑いを誘う場面も。

 開始30秒が経ち両キャラ間の蓄積ダメージ量の差が約30%まで広がった頃、復帰に失敗したロイが場外に落下。ここまでルキナの残機はまだ減っておらず、田中が有利な状況に。ロイの蘇生後もジャンプ攻撃を中心とした攻めを維持し、再びダメージを与えていく。

 試合の行方を決定づけたのは、田中がスマッシュ攻撃を放った開始1分半。まずロイを場外に吹っ飛ばし、すぐさまフィールド端まで距離を詰める。復帰したロイの反撃をジャンプでかわした後は、有吉の「強い攻撃を当てたら勝てるぞ!」に応えるようにフィールド中央へ着地。そのまま繰り出したジャンプ攻撃がロイにクリーンヒットし、試合は堅実な立ち回りを見せた田中の勝利で幕を閉じた。

 ちなみに今回ソロでオンライン対戦に挑戦した田中は、番組スピンオフ企画「卓志ぃぃeeeee!」にて、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』をひたすらプレイしていた。動画内ではトレーニングモードで操作テクニックを習得する姿や、視聴者とオンライン対戦に興じる模様が過程が収録されている。上で取り上げた配信オリジナル動画と比較してみると、田中が上達にいたるまでの過程を垣間見ることができるだろう。気になる方は一度チェックしてみてはいかがだろうか。

      
インタビューもっと見る

「『有吉ぃぃeeeee!』アンガ田中のプレイ光る『スマブラSP』回復習&最新回『鉄拳7』予習」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版