>  > Kis-My-Ft2 玉森&千賀、子供の初デートプロデュース

Kis-My-Ft2『キスマイどきどきーん!』スタート! 子供たちと奇想天外の「デート」や「悪役退治」に挑戦

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2の新番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の配信が、2019年2月8日12時よりスタートした。

 同番組は、異色のジャニーズアイドルと言われてきたKis-My-Ft2と、制御不能の子どもたちが繰り広げる笑いあり、涙あり、感動ありのノーコンバラエティ。個性あふれる子どもたちの言語行動に困惑する、Kis-My-Ft2たちの素顔が垣間見られる番組となっている。さらに、dTVという動画配信サービスを利用することで放送コードの制限を受けず、よりディープな番組内容が期待できる。

 記念すべき第1回の配信は、子どもたちの初デートをキスマイメンバーがプロデュースする「First Dates」からスタート。プロデュースをしたのは玉森裕太と千賀健永だ。2人が会いに行ったのは、千賀ファンだという相澤子龍くん(7歳)。彼の悩みは、以前、同じクラスの好きな子に告白したことがあるのだが無反応で、もう一度相手の子の気持ちを確かめたいというものだ。

 玉森と千賀がまず行ったのは、女の子の母親から情報収集をするというもの。魚が好きという情報を引き出した2人が立てたプランは、水族館デート。そこで「入り口で手を繋いでエスコートする」、「写真を一緒に撮る」、「魚に関するウンチクを言う」、「プレゼントを渡す」、「手紙を読んだ後に告白する」という5つのプランを実行することになった。デートがスタートすると、速攻で「手を繋いでエスコート」をクリアする子龍くん。その後も順調に、千賀から授かったペンギンのウンチクを披露していく様子に玉森と千賀は感心。続いて、千賀が一般人のフリをして近づき、写真撮影のプランもクリア。テンションが上がった子龍くんはピンクイルカのぬいぐるみをプレゼントし、プリクラを撮り、ジュースをおごり、自然と手を握るという、大人顔負けのエスコートにも成功し、これには玉森と千賀も「ドキッとした」、「大人も羨むデートだよ」、「感動しちゃったよ」と大興奮。告白の結末は、ぜひ番組で確かめてほしい。

      

「Kis-My-Ft2『キスマイどきどきーん!』スタート! 子供たちと奇想天外の「デート」や「悪役退治」に挑戦」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版