>  > ミュージシャンの“YouTuber化”を考察

X JAPANのToshlやSUGIZOまで、なぜ食レポに挑戦? ミュージシャンの“YouTuber化”を考える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続々とCDデビューするYouTuberたち

 12月21日に放送される『MUSIC STATION スーパーライブ 2018』(テレビ朝日系)に出演する、ヒカキン&セイキンを筆頭に、アニメ『七つの大罪 戒めの復活』のオープニングテーマを担当したスカイピース、今年メジャーデビューを発表したワタナベマホトとimigaのヒップホップユニット・カイワレハンマー、レイターズらが立ち上げたバンド・Candy or Whipは主催イベントで武道館のステージに立つ……など、例をあげていたらキリがないほど、YouTuberの音楽活動が目立っている。

今 / ヒカキン & セイキン

 もともとミュージシャン志望だった、これまでと違う層の人気を獲得したい、リアルイベントのためにオリジナル曲が欲しいなど、様々な理由が考えられるが、今や人気YouTuberにとって音楽活動は当たり前のことになっている。

Candy or Whip − 騙されろ、夏に【short ver.】

 さて、YouTuberが音楽活動を行うのであれば、その逆もまた存在する。

ミュージシャンもまた、YouTubeで食レポをアップしている

 先日UUUMへの所属が発表された、夕闇に誘いし漆黒の天使達もYouTuberとして人気を獲得しているが、元は厚木を拠点に活動するラウドロックバンドであり、ライブ活動も並行して行っている。

夕闇に誘いし漆黒の天使達「猫サンキュー」Music Video

 また、ヴィジュアル系バンド・己龍らを擁するB.P.RECORDSも、自身のチャンネルで、YouTuber活動をスタートさせた。自身らの楽曲解説だけでなく、レーベルに属するバンドメンバー全員でコーラにメントスを入れた動画だったり、海外ツアー先でマクドナルドの全メニューを制覇したり、「ATMはいくらまでお金が入るのか?」という検証動画など、いかにもYouTuber的な動画を毎日(毎日更新というのもYouTuber的だ)アップロードしている。

B.P.RECORDS YouTuber始めます!

 さて、ミュージシャンがYouTuber的な活動をすることも、さほど珍しいことではなくなった昨今、山が動いた。11月22日には、X JAPANのToshlが期間限定でYouTuber活動を開始したのだ。

キャッToshIテレビ「Toshlが話題の商品を開けてみた」

 この動画の提供は大手食品会社の明治。いわゆる「(企業)案件動画」だ。スイーツ好きミュージシャンとしても知られる氏が、明治 北海道十勝純乳脂45(生クリーム)を開封し、スイーツをデコレーションし、それを自らスーパーで試食販売するという流れになっている。第一回の動画は現段階(12月中旬)で27万再生以上を突破。オーソドックスな商品紹介動画なのだが、「パッケージの衛生面」に着目したり、唐突にゴムベラへの愛をつぶやくなど、ながなが油断できない内容になっている。

キャッToshlテレビ「思わずマネしたくなるサプライズスイーツ」

 もともと「オールナイトニッポン」などのラジオパーソナリティをつとめていたこともあって、一人喋りが達者であること、そして今年無人の幕張メッセを全力で盛り上げたバンドのフロントマンだけあって、Toshlはオーディエンス(視聴者)の目を引くのが上手いのだ……というのは考えすぎか。

キャッToshIテレビ「Toshlがゲリラ試食販売をやってみた」
      

「X JAPANのToshlやSUGIZOまで、なぜ食レポに挑戦? ミュージシャンの“YouTuber化”を考える」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版